Video %e3%82%b8%e3%83%a7%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%89-%e3%83%87%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc

Published on 10月 5th, 2016 | by Tunaパスタ

6

ジョエル・エンビードがNBAデビュー

2014年のNBAドラフトから約2年と3ヵ月、2シーズンにわたる骨折手術からのリハビリ期間を経て、フィラデルフィア・76ersのジョエル・エンビードが、ついに実戦デビューした。

現地4日のボストン・セルティックス戦に先発センターとして出場したエンビード。ティップオフからシュートミス3本とターンオーバーを出すラフスタートを切るも、第1Q残り1分に、ポストアップからダブルチームをかわしながらのターンアラウンド・ジャンプショットを成功させ、キャリア初得点を獲得。続くディフェンスで、ジェイレン・ブラウンのダンクアテンプトをブロックすると、ピリオド最後のポゼッションではロングレンジのツーポイントを沈め、プレーの幅広さとポテンシャルの高さを見せつけた。

エンビードは13分の出場時間で6得点、4リバウンド、2ブロックをマーク。試合は、シクサーズが第2Q終盤の15点ビハインドから後半に猛反撃を仕掛けて逆転勝利した。

▼試合後のエンビード

「再びコートに立ててすごく気持ちよかった。これで、合計得点と出場時間が君たち(ファンたち)と同じじゃなくなったね」

シクサーズは、同じくこの日がNBAデビューとなったダリオ・サリッチが、2本のスリーを含む6本中4本のFGを成功させ10得点、6リバウンドを獲得。他には、ベンチ出場のブランドン・ポールが、13分の出場でチームハイの15得点をあげている。

セルティックスは、先発出場したアイザイア・トーマス、エイブリー・ブラッドリー、ジェイ・クラウダーの3選手がそれぞれ11得点を獲得し、試合の前半を圧倒。FAでチームに移籍したアル・ホーフォードは8得点、8リバウンドを記録した。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑