Video カイリー・アービング ムーブ

Published on 10月 28th, 2017 | by Tunaパスタ

3

カイリー・アービングがバックス戦で神業ムーブを何度も披露

カイリー・アービングのボールハンドリングはやっぱり凄かった。

ケビン・デュラントが「スキルの面ではアレン・アイバーソンよりも上」と大絶賛した通り、アービングのドリブルから1対1でスコアする能力は恐らく歴代屈指で、ゾーンに入った時のショットクリエイトは神懸っている。現地26日に行われたミルウォーキー・バックス戦でも、その実力を存分に披露し、TNTの中継でコメンテーターを務めていたレジー・ミラーを何度も唸らせた。

https://twitter.com/NBAonTNT/status/923715657593524224

ドリブルで揺さぶりながら、ヘルプディフェンスとの間をスピンムーブですり抜けて、フローターでフィニッシュ。マルコム・ブログドンはカイリーに対してほぼ完璧な1on1守備を見せたが、ダブルチームのわずかなギャップを突破された。

この日のアービングは、自ら得点するだけでなく、クロスオーバーからのペネトレーションで守備を引っ掻き回し、オープンシューターにキックアウトパスを出すプレイメークも光っていた。

個人的なお気に入りは、第4Q終盤でヤニス・アデトクンボ相手に見せたヘジテーションムーブ。

左手をボールに添えるシュートモーションのような動きをしてディフェンダーをフリーズさせ、その一瞬の隙にドライブで抜き去り、ヘルプの上を通り越すフローターでフィニッシュ。デュラントも言っていたが、どれだけタフなディフェンスが相手でも、アービングのショットがブロックされるのを見たことがない気がする。ただ、後ろからブロックに跳んで、もう少しでボールに手が届きそうだったアデトクンボもとんでもない化け物だ。

この日のアービングは、35分の出場で24得点、7アシストをマーク。さらに4本のスリーを沈めたアル・ホーフォードがチームハイの27得点を記録し、セルティックス(3勝2敗)が開幕2連敗から一転、3連勝を達成した。

一方のバックス(3勝2敗)は、MVP級のパフォーマンスを続けるアデトクンボが28得点、10リバウンド、7アシストをあげている。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • YusukeIndia

    衝撃的だったヘイワードの怪我でしが、しっかり立て直して来ましたね!

    本当にカイリーのボールさばきは凄いです。 惚れ惚れします。
    KDじゃないですが、僕も1on1オフェンス力では歴代最強だと思っています。
    去年のプレーオフでの無双っぷりは凄まじかったです。

  • 名無し

    若かりし頃のアービングのショットをコービーが真っ正面からブロックしたことありましたね。
    まぁあの頃に比べればアービングの経験値も段違いですから、同じ結果にはならないと思いますが、コービーはほんと鬼でしたね

  • 36s

    ほんとにハンドリングとレイアップは歴代1ですよね。
    スピンムーブはタイミングといい、えげつないです。

    ヘイワードいないのが怪我の功名になると面白いですね。テイタム達の成長とカイリーはパス相手選んでる感があったので、それが解消されてきてると思います。

Back to Top ↑