Published on 5月 9th, 2013 | by Tunaパスタ

【チート】ケビン・デュラント、クロスオーバーからの豪快ダンク

サンダー対グリズリーズ第2戦、第3Qの終わりにケビン・デュラントがみせたエンドワン・ダンク。

身長206cm、パワーフォワード並みの高さで、シュートレンジは職人シューターのごとく広範囲。どうしてそんな男が、トップ・オブ・ザ・キーからディフェンスを電光石火で抜き去り、超ダイナミックなスラムダンクを決めることができるのか?

その理由は、彼がケビン・デュラントだからだ。オフェンス面では万能すぎて、チート感が半端じゃない。

デュラントがデビューした当時は、「Tマック並みの選手に成長すれば面白いな…」なんて思っていたが、もはや完全に超えてしまった。これでまだ24歳だから末恐ろしい…。

Thumbnail:「NBA – YouTube」

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑