Video ポルジンギス 7ブロック

Published on 11月 22nd, 2015 | by Tunaパスタ

4

ニックスがロケッツ本拠地で11年ぶりの勝利、ポルジンギス!ポルジンギス!

ニューヨーク・ニックスのルーキー、クリスタプス・ポルジンギスが、現地21日にヒューストンで行なわれたヒューストン・ロケッツ戦で24得点、14リバウンド、7ブロックの大暴れ。ニックスは11年ぶりにトヨタ・センターで白星を挙げ、4連勝を達成した。

試合を通して点差が3ゴール以上広がらない接戦となったこの日の対決は、ロケッツの1点リードで迎えた第4Q残り1分23秒に、ポルジンギスがオフェンスリバウンドを確保してシューティングファウルをドロー。2本のフリースローを沈めて逆転に成功すると、続くディフェンスポゼッションではジェイムス・ハーデンのレイアップをブロックと、20歳の新人がクラッチプレーの連続でチームを救った。

▼ポルジンギス

ドリブルプルアップやキャッチ&シュート、ポストアップからのランニングフックショットなど、ポルジンギスは幅広いオフェンススキルを披露し、2本のスリーを含む12本中8本のフィールドゴールに成功。オフェンスリバウンドを5本獲得した他、ディフェンスでは7本のシュートをブロック(キャリアハイ)するなど、リムプロテクターとしての存在感も見せつけた。

なお、最後にニックスがロケッツに勝利したのは2009年1月26日(MSG)。ロケッツ本拠地での白星は、ジャマール・クロフォードが逆転ブザービーターのバンクショットスリーを決めた2004年11月以来となる。

これでニックスは成績がイースト8位タイの8勝6敗。昨季は年末年始にかけて16連敗を喫するなど、8勝目に届いたのが1月23日(44試合)とどん底の1年だったが、今季は予想以上の好スタートだ。

Image by Keith Allison/Flickr

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑