Video ポルジンギス 7ブロック

Published on 11月 22nd, 2015 | by Tunaパスタ

4

ニックスがロケッツ本拠地で11年ぶりの勝利、ポルジンギス!ポルジンギス!

ニューヨーク・ニックスのルーキー、クリスタプス・ポルジンギスが、現地21日にヒューストンで行なわれたヒューストン・ロケッツ戦で24得点、14リバウンド、7ブロックの大暴れ。ニックスは11年ぶりにトヨタ・センターで白星を挙げ、4連勝を達成した。

試合を通して点差が3ゴール以上広がらない接戦となったこの日の対決は、ロケッツの1点リードで迎えた第4Q残り1分23秒に、ポルジンギスがオフェンスリバウンドを確保してシューティングファウルをドロー。2本のフリースローを沈めて逆転に成功すると、続くディフェンスポゼッションではジェイムス・ハーデンのレイアップをブロックと、20歳の新人がクラッチプレーの連続でチームを救った。

▼ポルジンギス

ドリブルプルアップやキャッチ&シュート、ポストアップからのランニングフックショットなど、ポルジンギスは幅広いオフェンススキルを披露し、2本のスリーを含む12本中8本のフィールドゴールに成功。オフェンスリバウンドを5本獲得した他、ディフェンスでは7本のシュートをブロック(キャリアハイ)するなど、リムプロテクターとしての存在感も見せつけた。

なお、最後にニックスがロケッツに勝利したのは2009年1月26日(MSG)。ロケッツ本拠地での白星は、ジャマール・クロフォードが逆転ブザービーターのバンクショットスリーを決めた2004年11月以来となる。

これでニックスは成績がイースト8位タイの8勝6敗。昨季は年末年始にかけて16連敗を喫するなど、8勝目に届いたのが1月23日(44試合)とどん底の1年だったが、今季は予想以上の好スタートだ。

Image by Keith Allison/Flickr

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • CAVS! GOGO!

    今年の新人王はポルジンギスかタウンズもしくはオカフォーの誰かかな?
    ポルジンギスはブーイングしていたNYのファンを黙らせる活躍をしてますね^_^
    東は混戦していて大変だと思うけどこのままだとプレイオフには行けそうかな?

    76いつになったら勝てるの・・・・・

    • ポルジンギスは想像を遥かに上回る大活躍ですね。今日の試合のスタッツなどもルーキーとは思えない数字です。左手のフックショットを決めたのには驚きました。メロが怪我さえしなければ、十分にプレーオフを狙えそうですね。
      新人王レースは今のところタウンズが有利な気がしています。76ersは…。

  • ふくさん

    気がはやいかもしれないですが、
    新人王をとりそうですね!
    ノビツキー、ガソルのような選手になって欲しいですね!

    • 今季は序盤から新人たちが大活躍ですね。特にポルジンギスやタウンズ、オカフォーなどの上位指名ビッグがすでにチームの第1~2オプションを担っています。新人王レースが楽しみですね

Back to Top ↑