Video カイル・コーバー 2014-15 スリー221本

Published on 6月 5th, 2015 | by Tunaパスタ

11

2014-15カイル・コーバーのスリー221本: シューティングマシンハイライト

1位シードで迎えた今季プレーオフではなかなか調子が上がらないまま、カンファレンスファイナル第2戦で激しく足首を捻挫し、戦線を離脱することとなったアトランタ・ホークスのカイル・コーバー。やや不完全燃焼な幕切れとなってしまったが、レギュラーシーズンではキャリアベストなシューティングパフォーマンスをみせ、ホークス球団史上初の60勝到達に大貢献した。

以下は、今季コーバーが沈めた221本すべてのスリーをまとめたハイライト映像。足をセットする速さ、クイックリリース…。美しすぎて、動画を見ながらついつい真似をしてしまう。

▼パート1

2014-15シーズンのコーバーは、スリーポイント成功数でスプラッシュブラザーズに次いでリーグ3位となる221本を記録。その成功率は前代未聞レベルの49.2%だ。実際に、シーズン合計100本以上のスリーを成功させた歴代選手の中で、コーバーよりも成功率が高かったのは過去にわずか3人、150本以上では1人もいない。

またコーバーは、1試合平均「+/-」(特定の選手が出場した時間帯でのチームの得失点差)でプラス8.3を記録。スーパースターレスなホークスフェンスの原動力として大活躍した。

レギュラーシーズンは、ウィークサイドからスクリーンを抜けてのキャッチ&シュートや、トランジションでのスリーをバンバン決めていたコーバーだが、プレーオフではこの辺りを潰されてしまった様子。ホークスのスクリーンセットが上手く機能しなかったのと、イマン・シャンパートやブラッドリー・ビールらが影のごとくコーバーに張り付いていたのが、大きな理由の一つだ。

▼パート2

これからのホークス

ホークスがさらなる高みにのぼるためにはスーパースターの存在が不可欠、そんな見方も多い中、コーバーは今の体制を諦めていない。Grantlandのインタビューで、チームのこれからについて次のように語っている:

「もしトップ5のプレーヤーを誰か獲得できるのなら最高さ。だけど、そんな風に考えるのは僕たちの仕事じゃない。ホークスにはレブロンがいない。だから僕らは彼を負かす手段を見つけられるよう、挑戦し続けなければならないんだ。ベストプレーヤーの1人がいないという理由だけで、チャンピョンになれないという考え方を受け入れろと?それならば、僕らは何のためにプレーしているんだ?」

「1人の選手がすべて、というチームにいたことがあるよ。だけど今のやり方のほうが楽しい。僕はこのビジョンを信じている。そして、いつか目標を達成できると考えている」
– カイル・コーバー

来季も、ホークスが見事なチームプレーを披露しくれることに期待したい。

「頂点に登りつめるためには、何度か大きな挫折を経験しなくてはならない。僕たちにとって、今回がその時だったんだ」

Image by Keith Allison/Flickr

Video:「YouTube/DownToBuck

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ゆうき

    ひとりの選手がすべてのチームってルーキー時代のシクサーズのことですかね……

    • アン

      絶対そうですね笑
      楽しくなかったんですね。。。アイバーソンとのプレイ。。。

    • ブルズやジャズ時代では絶対になさそうなので、恐らくシクサーズかと…。あの頃は4シーズンで1度しかプレーオフに出ていませんし。

  • アン

    ステフォン・カリーが歴代随一のシューターと評価されていますが、純粋なキャッチ&シュートだったらコーバーもかなりのものだと思います。あとはプレイオフでも同じ活躍ができれば。。。
    カリーのプルアップ3Pには誰も敵いませんが。。。

    • 純粋なシューティングだったら、コーバーもカリーに負けていませんね。ただプレーオフでは、相手がセットプレーを徹底的に研究して止めにくるので、調子を維持するのが難しかったみたいです。こういう時に、ダブルチームを常に引き寄せられる選手がホークスに一人いれば、また違った展開になっていただろうなとも思います。

      ドリブルからのショットクリエイトだったら、現役はおろか、歴代でもカリーに並ぶ選手はいませんね。あのスティーブ・ナッシュも、カリーは過去最高のスリーポイントシューターだと認めていました

  • Mason P

    じっくり足首を治してまた来季も美しい3Pを見せてほしい。がんばれー。

    • コーバーの連続スリーは最高にワクワクするプレーですからね。来季も頑張ってほしい。

  • AI

    気持ちはわかるけれど
    ラブとアーヴィン抜きのキャブスにスイープはちょっと…
    レギュラーシーズンは来年も結果は出そうだけれど
    このままでは来年もプレーオフは正直難しいと思うな。
    少なくとも東を圧倒するくらいじゃないと西には通用しないと思う。

    • 確かにECFでボロボロのキャブス相手に1試合も取れなかったのは痛かったですね。セミファイナルも、ウォールが健康だったらどうなっていたかわかりませんし。
      昨季のペイサーズといい、スーパースター(トップ10プレーヤー)不在で総合力勝負のチームは、オン/オフスイッチがないというか、1度歯車が狂うと修正が難しいのかもしれません。2013、2014のスパーズみたいなチームは本当に稀ですね。
      ただホークスのようなチームが勝てるようになればいいなとも思います。とりあえずは、グリズリーズのレベルあたりが目標でしょうか。

  • ぽっぽ

    個人的には昔のピストンズみたいにスター不在と言われながら強いと渋くてかっこいいのでこの方向性は曲げないで欲しいですね。
    その時代からいるコーバーも好きなので来年もひっそり応援します。

    • 当時のピストンズは良かったですね!トップ10に入るようなプレーヤーはいませんでしたが、スペシャリストが多く、バランスが最高に良かった印象です。ビラップスは大好きでした。
      ホークスには今後も頑張ってほしいです。ティーグのミドル~ロングレンジがもう少し改善するだけで、ずいぶんと良くなると思うのですが…。

Back to Top ↑