Video リラードタイム レイカーズ

Published on 3月 7th, 2018 | by Tunaパスタ

0

リラードタイム到来でレイカーズの連勝終了

現地5日にステイプルズ・センターで行われたロサンゼルス・レイカーズ対ポートランド・トレイルブレイザーズの試合は、デイミアン・リラードが終盤の勝負所でゾーンに入り、わずか2分半のスパンで14連続得点を獲得。ブレイザーズを逆転勝利に導き、レイカーズの連勝記録を5で終わらせた。

第4Q残り5分20秒の時点で11点ビハインドと、苦しい状況に立たされていたこの日のブレイザーズだが、C.J.・マッカラムのスリーで一桁点差に戻すと、そこから“リラードタイム”に突入。リラードは4ポゼッション連続でスリーポイントショットを沈める怒涛のクラッチパフォーマンスで、一瞬で試合をひっくり返す。

▼Dame Time

▼試合後は2ワードでトレンド入り

最終的にリラードはゲーム最多の39得点を記録。アンソニー・デイビスに注目を奪われているものの、リラードも2月以降の13試合では31.4得点を平均と、例年と同じくシーズン終盤で大きく調子を上げている。

連勝を7に伸ばしたブレイザーズはリラードの他、マッカラムが22得点を獲得した。

敗れたレイカーズは、ジュリアス・ランドルがチームハイの21得点をマーク。レイカーズは11月に行われた対戦でも、リラードタイムにやられており、これで対ブレイザーズ成績が15連敗となっている(最後の勝利は2014年3月)。

ボックススコア:「NBA

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑