Video マット・ボナー マーカス・スマート 退場

Published on 3月 22nd, 2015 | by Tunaパスタ

3

マーカス・スマートがマット・ボナーに急所パンチで退場処分に

サンアントニオ・スパーズのマット・ボナーが、現地20日に行われたボストン・セルティックス戦でキレそうになった。スクリーンをセットした際に、セルティックスのマーカス・スマートから悪意がありそうな急所攻撃を食らったためだ。

スマートは一体何を考えていたのか?「最初のスクリーンでバランスを崩したため偶然マット・ボナーの股間部分に手が当たってしまった」みたいな可能性も0.9%くらいあるかもしれないが、マット・ボナーとの接触の直前に腕を振り上げているようにしか見えない。このチープショットにはさすがのマット・ボナーも珍しくキレそうになり、スマートの前に立ちはだかって睨みつけた。

スマートは試合後に「不慮の事故だった」と弁明したが、セルティックスのブラッド・スティーブンスHCは「許されないプレー」とコメントしている。

「私の見たところでは、許されないプレーのようだった。あれはやってはいけない。単純なことだ」
– スティーブンスHC

いくらルーキーとはいえ、絶対にやってはならないことがある。マット・ボナーをキレさせてはいけない。スマートはフレグレントファウル2で即退場となったが、後日に罰金や出場停止など追加処分が下ることだろう。

試合は、マット・ボナーがキレかけた時点で22点差と、スパーズの圧倒的なワンサイドゲームだったが、そこからセルティックスが18-3のランを展開し、残り時間4分30秒で7点差にまで詰め寄る。しかしその後ポポビッチHCがスタメンをフロアに戻すとスパーズはすぐに点差を二桁台に戻し、最終的に101対89で快勝を収めた。

参考記事:「ESPN

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 36s

    面白いww
    ボナーは何をしてもされてもネタになりますね。
    不慮の事故と弁明してるので0.9%うちの1回だったんでしょう(笑)

    • レッドマンバは個性がなさそうで個性たっぷりですからね
      ボナーカットにする熱烈なファンも複数いるようです

      • 36s

        まさかのボナーそのものを描くカットとはwww

Back to Top ↑