Video マリオ・チャルマーズ 決勝点

Published on 1月 16th, 2016 | by Tunaパスタ

0

チャルマーズが第4Q残り0.8秒に決勝点、ピストンズは再びミラクルショットの犠牲に

どうやら今季のデトロイト・ピストンズは、メンフィス・グリズリーズとの相性がとことん悪いらしい。

12月にデトロイトで行われたシーズン最初の対戦では、マット・バーンズが残り1.1秒でハーフコートからの逆転決勝スリーポイントを沈めた。

そして現地14日にメンフィスで行われた2戦目では、同点で迎えた第4Q残り0.8秒に、マリオ・チャルマーズがアーロン・ベインズのスライディングタックルを受けながら、カウント・ワンスローのジャンプショットに成功。ピストンズは再びクレイジーなゲームウィナーにより、グリズリーズに無念の敗北を喫することとなった。

この日で4試合連続でのスタメン出場となったチャルマーズは、チームハイの25得点、8アシスト、4スティール、FG成功率60%をマーク。グリズリーズの5点ビハインドで迎えた試合残り1分40秒から7連続得点を挙げるクラッチパフォーマンスで、チームを逆転勝利に導いた。なおグリズリーズは、チャルマーズ獲得以降の32試合で19勝13敗を記録している。

一方のピストンズは、ルーキーのスタンリー・ジョンソンがチームハイの19得点を獲得した。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑