Video マシュー・デルラベドバ ディフェンス

Published on 10月 19th, 2014 | by Tunaパスタ

0

渾身の張り付きディフェンスでノビツキーをガードするマシュー・デルラベドバ

エルボーポジションでダーク・ノビツキーを効果的にガードするのは極めて難しい。だがキャブスのポイントガード、マシュー・デルラベドバは致命的なミスマッチをもろともせず、全身全霊の粘着ディフェンスでノビツキーにシュートを外させた。

第3Qマブス最後のポゼッションで、スクリーンからのスイッチによりリーグ屈指のビッグマンをガードすることとなった193cmのデルラベドバ。2人の身長差は実に20cmもある。

ゼロスペースで張り付き…。理想的なディフェンスとは言えないが、身長差が大きすぎてこれ以上他に有効な手段はない。実際にバランスの悪いシュートを打たせ、バスケットを守ることに成功したので結果オーライだ。プレシーズンゲームでこれだけやる気を見せるその姿に、とても好感が持てる。

ダークもまた状況が違えば、無理なシュートを打たずに、ジャズステップでスペースを作るか、もしくはドライブを仕掛けていただろう。

たった1ポゼッションとはいえ、デルラベドバはダーク・ノビツキーを止められたことに誇りを感じたのだろう。試合後、自身のFacebookページにマッチアップの写真をアップロードしていた。

「歴代屈指のスコアラー/選手と対峙する場合は、相手にって可能な限り困難なものにしなくてはならない。あとはシュートが外れることを祈る」
– マシュー・デルラベドバ

Video:「YouTube

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑