Video マイケル・ビーズリー 30得点

Published on 3月 21st, 2016 | by Tunaパスタ

2

マイケル・ビーズリーがホークス戦でNBA復帰後初の30得点

中国リーグでMVPを受賞し、3月初めにヒューストン・ロケッツと契約してNBAカムバックを果たしたマイケル・ビーズリーが、想像以上の好パフォーマンスをみせている。

ビーズリーはリーグ復帰後の8試合にベンチ出場し、平均14.6得点、5.4リバウンド、FG成功率55.7%を記録。直近6試合すべてで二桁得点をあげており、現地19日のアトランタ・ホークス戦では自己シーズン最多の30得点と9リバウンドを獲得した。

スリーポイントシュートこそ得意ではないものの、サイズとスキルがあって身体能力も高く、1on1に強い。ドリブルから点を取れる選手が少ないロケッツベンチにとっては、頼りになるスコアラーだ。

ビーズリーはこの日の試合でフィールドゴール18本中12本に成功。第4Qにはチーム14得点中12得点をあげる活躍をみせたが、その奮闘もむなしく、ロケッツは109-97でホークスに敗北した。

5連勝を達成してイースト3位に浮上したホークスは、アル・ホーフォードが22得点、9リバウンドをマーク。ティム・ハーダウェイJr.の20得点を含め、合計6選手が二桁得点を獲得している。

▼ハーダウェイJr.

敗れたロケッツはビーズリーの他、ジェイムス・ハーデンが25得点/8アシスト、ドナタス・モティエユナスが13得点を記録。10点を超えたのは、この3選手のみに終わっている。

なおこの日の試合では、ドワイト・ハワードが「Stickum」と呼ばれる粘着剤を使用していたことが発覚。ポール・ミルサップがフリースローを打とうとした際に、ボールの様子がおかしいことに気がつき、明らかになった。

「あんな感触のボールは初めてだった。ねばねばしていたんだ。接着剤でも付着しているかのようだったよ」
– ポール・ミルサップ

ヒューストン・クロニクル紙によると、ハワードは試合後、「ここ5年ほど使っている。問題になったことはない」とコメント。アトランタ・ジャーナル・コンスティチューション紙の記者によれば、「Stickum」の使用はNBAで禁止されており、リーグは今回の件について調査に乗り出す予定だという。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • DW

    プロは自分など知りもしない、様々な道具を使っているんだろうとは思っていましたが、まさか手に粘着剤をつける人もいたとは、、、。

    それはともかくとして、ビーズリーがNBAで結果を出してくれるのは非常に嬉しいです。
    活躍を続けてリーグに定着してほしいです!

    • ビーズリーは結構いい感じですね。相変わらずロング2Pが多く、それならもう一歩下がって3Pを打てばいいのにとか思いますが、それでもベンチのスコアラーとして予想以上に活躍できているかと。オフシーズンに長期契約を獲得できるといいですね。

Back to Top ↑