Video %e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%bb%e3%83%a4%e3%83%b3%e3%82%b0-%e6%b1%ba%e5%8b%9d%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%bc

Published on 11月 23rd, 2016 | by Tunaパスタ

7

ニック・ヤング、チームメイトへのパスをインターセプトして決勝スリー

ロサンゼルス・レイカーズのニック・ヤングが、現地22日のオクラホマシティー・サンダー戦で、すごくヤングらしいスタイルでチームに勝利をもたらした。

サンダーの1点リードで迎えた第4Q残り10秒、レイカーズはルーキーのブランドン・イングラムがドライブからトップにいたルー・ウィリアムズにキックアウトパスを出したところ、ヤングがウィークサイドから颯爽と現れて、そのボールをインターセプト。そのままステップを整え、残り5秒で逆転のスリーを沈める。

昨季までのスワギー・Pなら外していそうなショットだが、今季のヤングは一味違う。

ヤングは試合後、コービー・ブライアントやロバート・オーリー、デレック・フィッシャーら先輩レイカーズのゲームウィナーと自身のショットを比較し、「僕のは少しユニークだ。チームメイトからスティールしたからね」とコメント。ルーク・ウォルトンHCは、「試合終了間際にニックをコートに置いておきたい理由は、彼が大事な場面でも臆さないからだ」と称賛した。

この日の試合は、ラッセル・ウェストブルックの第4Q17得点により、サンダーが残り時間6分45秒の14点ビハインドから猛反撃を仕掛け、残り時間13秒にスティーブン・アダムスのプットバックで逆転に成功するも、レイカーズはヤングのスリーで再びリードを奪還。サンダーは続くタイムアウト明けのポゼッションで、ウェストブルックのスリーで逆転勝利を狙うも失敗に終わり、そのまま時間切れとなった。

Q1 Q2 Q3 Q4
OKC 16 32 26 35 109
LAL 29 20 31 31 111

成績を8勝7敗としたレイカーズは、ジョーダン・クラークソンがチームハイの18得点、ヤングが17得点をそれぞれマーク。合計で6選手が二桁得点を獲得した。レイカーズが11月終盤で勝率5割以上をキープするのは、2013年以来初となる。

同じく8勝7敗となったサンダーは、ウェストブルックが34得点/13アシスト、スティーブン・アダムスが20得点を記録した。

▼アダムスは自己ベストの20得点

ボックススコア:「NBA

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑