Video カーメロ ノア

Published on 7月 13th, 2016 | by Tunaパスタ

5

ニックス移籍のノア、さっそくカーメロとワークアウト

今オフシーズンは、デビューから9シーズンプレーしたシカゴ・ブルズを離れ、デリック・ローズの後を追う形で生まれ故郷のニューヨークへとFA移籍したジョアキム・ノア。モラトリアム期間が明け、契約が正式となった現地7月7日、ノアは新たなチームメイトとなるカーメロ・アンソニーとマンハッタンのプライベートジムでさっそくワークアウトを行い、ツーマンゲームの練習に励んだそうだ。

こういった映像を見ると、新ユニットの本格始動がすごく楽しみになってくる。

ここ3シーズンは勝率5割以下と、低迷がやや続いているニックスだが、今オフはローズとノアの他にも、コートニー・リーやブランドン・ジェニングスをFAで獲得。チームの中心であるアンソニーとクリスタプス・ポルジンギスを、有力なベテランで囲むことに成功した。ローズやノア、ジェニングスは怪我の不安もあるが、万全な状態でシーズンを送ることができれば、十分にプレーオフ進出もしくはホームコートアドバンテージを狙えそうな面子だ。

カーメロの全盛期が終わってしまう前に、もう1度プレーオフで大活躍する姿がみたい。

Via NBPA/Twitter

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 一番搾り

    確かに、5年前の彼らなら優勝したかも(笑)
    いずれにせよ、ポルジを中心に組み立てれば、カンファレンスセミファイナルまでは行けそう!
    怪我がなければ!

    • すごく面白いチームだと思います。ローズが昨季後半の調子を維持しつつ、コアメンバーに怪我さえなければ、4位シードもあり得るかなと。本当はポルジンギスのセンターポジションを定着させてほしいですが、ノアとの相性は良さそうですね。

  • 愚弄堕

    メロもこの調子でオリンピックで一花咲かせそうですて
    来季のニックスはまさに究極のたらればチームになりそうwww

    • オリンピックで優勝して再び勝利を味わうのは、ここ数年負けが続いていたメロにとって大きなプラスになると思います。来季ニックスはいろんな意味で楽しみですね。

  • お茶

    ニックスがレギュラーシーズン2位になったとき以来の戦力になったでしょうか
    あのときは二番キッドのリーダーシップの影響が大きかったですね
    カーメロがあのときのキッドのようなまとめ役になれるか注目したいです
    ノアのディフェンスが復活し、ポルジンギスが大きく成長、ローズがシーズン後半を健康に過ごす、カーメロが好調
    これくらい都合のいい展開になればCFもみえるのかな(笑)
    でもネタ抜きに頑張ってほしいです

Back to Top ↑