Video リッキー・ルビオ 決勝スリー

Published on 3月 12th, 2016 | by Tunaパスタ

0

リッキー・ルビオが残り0.2秒で決勝スリー、ウルブズが敵地でサンダーに辛勝

現地11日にチェサピーク・エナジー・アリーナで行われたミネソタ・ティンバーウルブズ対オクラホマシティー・サンダー戦は、同点で迎えた第4Q残り0.2秒にリッキー・ルビオが決勝点となるスリーポイントシュートに成功。若きウルブズが敵地で強豪サンダーから大金星を挙げた。

第2Q以降の大部分でトレイルしながらも粘り強く食らいつき、第4Q終盤で接戦に持ち込んだウルブズは、2点ビハインドで迎えた残り時間50秒からカール・アンソニー・タウンズが2連続フィールドゴールを決めて逆転。その直後にスティーブン・アダムスのプットバックで同点に戻されたが、続くポゼッションでキャリア3P成功率31%とロングレンジが苦手なルビオがステップアップした。決勝スリーに繋げたアンドリュー・ウィギンスのドライブ&キックアウトも絶妙だ。

「たくさん練習してきた。努力は報われる」
– リッキー・ルビオ

Q1 Q2 Q3 Q4
MIN 24 26 19 30 99
OKC 21 32 20 23 96

ウルブズは、ゴーギー・ジェンがチームハイの25得点、ウィギンスが20得点をマーク。他にタウンズが17得点/12リバウンド、ルビオが13得点/12アシスト/8リバウンドとそれぞれダブルダブルの大活躍をみせた。一方のサンダーは、ケビン・デュラントがゲームハイ28得点、ラッセル・ウェストブルックが26得点、8アシスト、エネス・カンターが17得点、14リバウンドを記録している。

▼KD vs. ウィギンス

今年のサンダーはどうも詰めが甘く、終盤で逆転負けしてしまうパターンが多い。ESPNによると、今季は第4Q開始時にリードしていた11試合で逆転負けを喫している(リーグ最多)。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑