Video %e3%82%bb%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%83%bc-%e3%83%9e%e3%83%96%e3%82%b9

Published on 10月 5th, 2016 | by Tunaパスタ

6

セス・カリー、マブスホームデビュー戦で20得点

今夏FAでサクラメント・キングスからダラス・マーベリックスへと移籍したセス・カリーが、好調な滑り出しを見せている。

プレシーズン開幕戦となった現地1日のニューオリンズ・ペリカンズ戦では、18分の出場で12得点、4リバウンド、3アシストをマーク。続いて、アメリカン・エアラインズ・センターで行われた現地3日のシャーロット・ホーネッツ戦では、22分の出場で6本中5本のスリーから20得点を獲得し、上々のホームデビューを飾った。

この日のセスは、兄ステフのごとく第3Qに火がつき、ピリオド13得点を記録。試合は、前半に二桁点差を奪ったマブスが、最後までリードを維持し、95-88で勝利した。今季のセスは、スコアリングガードとしてさらに一皮むけそうだ。

その一方で、同じくマブス新加入のハリソン・バーンズは、16分の出場でFG10本中1本成功の3得点と不調。ただ、マブスのリック・カーライルHCはバーンズのパフォーマンスについて、「良いショットを打てていた。これらのショットは決めてくるようになるだろう。大切なのは、彼がチームのプロセスに忠実であるということだ」とポジティブにコメントしている。

敗れたホーネッツは、フランク・カミンスキーがチーム最多の13得点、ロイ・ヒバートが10得点/8リバウンドと、ビッグマンが検討。5月に膝の手術を受けたエースのケンバ・ウォーカーは欠場した。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑