Video %e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%af-%e6%81%af%e5%ad%90

Published on 9月 15th, 2016 | by Tunaパスタ

4

シャックの息子とワールドピースの息子がエキシビジョンで対決

先週末にロサンゼルスで開催されたアメリカ高校バスケのエキシビジョンゲーム、クロスローズ・スクール対ビバリーヒルズ高校の一戦で、シャキール・オニールとメッタ・ワールド・ピース(ロン・アーテスト)の息子同士の直接対決が実現した。

▼オニール(白44番)vsアーテスト(黒1番)

シャックの息子である16歳のシャリーフ・オニールは、2018年のカレッジリクルートクラスでTop20に数えられるほどの注目選手で、試合ではチームハイの18得点をマーク。一方で、父親に顔がそっくりなロン・アーテスト三世は、14得点を獲得して大健闘した。なお、ワールドピースによると、アーテスト三世が本格的にバスケを始めたのは高校に入る直前(2年ほど前)だったという。

試合は、オニール所属のクロスローズ・スクールが勝利した。

シャックとアーテストの子供がもう高校生って、時が経つのは本当に早い。

Video:「YouTube

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ambrncst

    オニールjrは父親とは顔もプレイも似ていないのに対して、顔が激似なアーテストはプレイスタイルもどこかしら父親譲りなところがある気がします。MWPの高校時代と言われても違和感ない。MWPもしくはロン・アーテスト時代の気迫溢れるディフェンスが好きでした。
    彼らがNBAルーキーになる時代、リーグがどう変わっているのか楽しみ!

    • アーテスト親子はそっくりですよね笑 ただ息子は、バスケよりもモデル志望らしいので、カレッジで本格的にやるのかどうか。バスケ歴1~2年であれだけのプレーができるというのは、かなりの逸材だと思うので、どこまで伸びるのか見てみたいです。

  • お茶

    ハイスクール時代のシャックの動画をみると、スピードが半端じゃないですよね
    あの巨体でデアンドレより速いような気がします
    それに比較すると息子の身体能力はそれには及ばない気がしますが期待の星であるとこには変わらないと思います。成功してほしい
    リックフォックスがこの夏シャックがコービーに息子と特訓することを頼んだとコメントしていましたね、コービーのメンタルとスキルをもつシャックになることを願いたいです
    そしてレイカーズへ来てくれ!笑

    • 高校時代のシャックは反則ですね。あのサイズで速攻を指揮できるとか、対戦相手だったら心が完全に折れそうです。
      確かにシャックJrはスキル系の選手で、現時点では身体能力では父親に遠く及ばなさそうですね。とはいえ16歳なのでまだ身長は伸びそうですし、合わせて技術も向上していけば、ストレッチ5的な次世代のビッグマンへと成長するかもです。

      コービーのメンタル&スキルを持ったシャックなんて、ジョーダン超え確実な史上最強プレーヤーじゃないですか笑

Back to Top ↑