Video スパーズ ローテーションプレー

Published on 1月 14th, 2014 | by Tunaパスタ

2

【スパーズ】パーカーとボナーの洗練されたローテーション・プレー

ど派手なダンクやテクニカルなクロスオーバーも見ごたえたっぷりだが、バスケ鑑賞の醍醐味は、やはりチームワークから生まれる連携プレーでは?スパーズのセットオフェンスにその極みを見ることができる。

以下の動画は、12日のウルブズ戦でトニー・パーカーとマット・ボナーが披露したローテーションプレー。これがとにかく美しい:

最初は攻めあぐねているのかな?と思ったがとんでもない。シンプルなピック&ロールから始まり、パーカーとボナーが交互にペネトレイト&キックを繰り返して徐々にディフェンスを崩していく。ディフェンダーはスイッチに次ぐスイッチでたちまち混乱状態に。最後はパーカーがドライブで2人を引き付けてから再びキックアウトし、完全フリーのボナーがスリーポイントを沈めた。

この見事な連係プレーに、客席やベンチは大盛り上がり。シュートを決めたボナーも、してやったりと笑顔をみせた。

ボナースマイル

これだからスパーズの試合は面白い。

Video:「YouTube

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • Mr.Fundamental

    スパーズはパーカー、ジノビリ、ダンカンと一応Big3とは言われてますがスタッツで見るとずば抜けた選手はあまりいない印象。しかし、勝ち続けているのはこういったチームプレイが素晴らしいからでしょうね。プレイオフではグリーンの活躍が見てみたいです。

    • tunadrama

      おっしゃる通りだと思います。このシステムがあるからこそ、Big3が全盛期を過ぎても上位チームでいられるのでしょうね。レナードやグリーンといった次世代の若手も順調に育ってます。

      今年もプレーオフが楽しみですね。

Back to Top ↑