Video ステファン・カリー テイクオーバー

Published on 9月 22nd, 2014 | by Tunaパスタ

0

ステファン・カリーにみる「テイクオーバー」の神髄

・「take over」(他動詞+ 副詞)
意味: (力ずくで)奪う、占領する、乗っ取る

NBAの世界で「テイクオーバー」といえば、試合のあるポイントで特定のプレーヤにスイッチが入り、ファインプレーの連続で完全にゲームを支配すること。たった1人で敵を破壊する姿は最高にドラマチックで、4連続ゴールでも決めようものなら球場のボルテージは最高潮に達する。

マイケル・ジョーダンやコービー・ブライアント、レブロン・ジェイムスなど、歴史に名を残すプレーヤーたちは、大事な局面で幾度となく試合をテイクオーバーしてきた。この能力は、スーパースターになるための絶対条件の一つといえるだろう。

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステファン・カリーにもそのスイッチが備わっている。カリーのテイクオーバーは、今のリーグで誰よりもユニークかつスタイリッシュだ。

以下は、2013年プレイオフWC第1ラウンド、ウォリアーズ対ナゲッツ第4戦の映像。この日のカリーは、第3Qの終盤6分間だけで22得点を獲得する奇跡的なパフォーマンスを披露した。

動画1:40でみせたトランジションからのプルアップ・スリーなんかはどう考えてもバッドショットだが、なぜか入ってしまう!こうなると、どれだけ素晴らしいディフェンスで対抗しても止められない。

さらにカリーはその1週間後の試合でも、スパーズを相手に第3Qだけで22得点を挙げた。

レブロンのテイクオーバーは強烈なパワー相手をねじ伏せている印象だが、カリーの場合はもっとトリッキーかつ予測不可能に相手を翻弄する感じ。バスケはチームプレー第一のスポーツだが、圧倒的なワンマンプレーもまた醍醐味の一つだ。

Image by Keith Allison/Flickr

Video:「YouTube

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑