Video ビンス・カーター 2015-16シーズン

Published on 4月 26th, 2016 | by Tunaパスタ

2

ビンス・カーターの2015-16シーズン、64試合でダンク17本

現地24日に行われたサンアントニオ・スパーズとのプレーオフ第1ラウンド・シリーズ第4戦に敗れたことにより、プロ18年目のシーズンを終えたメンフィス・グリズリーズのビンス・カーター。今年ですでに39歳となった元スラムダンクチャンピョンだが、今季はレギュラーシーズンとプレーオフを合わせて64試合に出場し、リバースアリウープやドライブからのワンハンドスラムをはじめ、合計で17本のダンクを叩きこんだ。ここ3シーズンでは自己最多の本数だ。

▼カーター2015-16、ダンク17本

39歳でこれほど魅力的なダンクができるプレーヤーは他にいない。

2015-16シーズンのカーターは、レギュラーシーズン合計60試合(先発3試合)で6.6得点、2.4リバウンド、FG成功率38.8%を平均。プレーオフではスタメンとして4試合に出場して、平均11.3得点、3.8リバウンド、FG成功率45.5%と数字を大きく伸ばした。

#HailHydra #RealRecognizeReal

A photo posted by Memphis Grizzlies (@memgrizz) on

契約最終年となる来季も元気にプレーしてくれることを期待したい。

Video:「YouTube

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • spi

    さすがに昔みたいに回転しまくってはいませんが(笑)、お客さんを喜ばせようと頑張っているような感じを受けます。
    AIやシャックが先日殿堂入したのを見て、同じ年代に活躍していてまだ現役ってすごい事だな〜と思いました。来年も元気な姿を見せて欲しいです。

    • カーターのダンクはベンチも盛り上がりますからね。コービーがいなくなってしまった今、残り数少ない90年代ドラフト組の1人として、来季も頑張ってほしいです。

Back to Top ↑