Video %e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%83%e3%82%af-2%e8%a9%a6%e5%90%88%e9%80%a3%e7%b6%9a%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%97%e3%83%ab%e3%83%80%e3%83%96%e3%83%ab

Published on 10月 31st, 2016 | by Tunaパスタ

5

ラッセル・ウェストブルックが2試合連続のトリプルダブル、サンダーは3連勝

ラッセル・ウェストブルックの快進撃が止まらない。

現地30日にチェサピーク・エナジー・アリーナで行われたロサンゼルス・レイカーズ戦で、ウェストブルックは5本のスリーを含む21本中11本のフィールドゴールを成功させて、33得点、16アシスト、12リバウンドをマーク。2日前のフェニックス・サンズ戦に続きバック・トゥ・バックでトリプルダブルを達成し、サンダーを開幕3連勝へと導いた。

もう凄すぎるの一言…。Elias Sportsによると、シーズン開幕から最初の3試合で通算100得点、30アシスト、30リバウンド以上を獲得したのは、ウェストブルックがNBA史上初めてだという。

サンダーは他に、ビクター・オラディポが20得点、エネス・カンターが16得点をそれぞれマーク。スティーブン・アダムスは14得点、12リバウンド、3スティール、2ブロックのオールラウンドな活躍で勝利に貢献している。

敗れたレイカーズは、ジュリアス・ランドルとディアンジェロ・ラッセルがそれぞれ20得点、ニック・ヤングが16得点を記録。試合の大部分でサンダーに主導権を握られながらも食らいつき、第4Q残り4分40秒にヤングの6連続得点で4点差まで迫ったが、そこからウェストブルックとアダムスに13連続得点を許してしまい、逆転のチャンスを逃した。

これで今季3勝0敗と、チームの得点王を失いながらも絶好調のスタートを切ったサンダー。ここまでの3試合は、いずれも昨季ロッタリーチームとの対戦で(76ers、サンズ、レイカーズ)、そのうちホーム2試合でバック・トゥ・バックはなしと、比較的イージーなスケジュールだったが、今週は現地11月2日にクリッパーズ、現地3日にウォリアーズとのアウェイ連戦が控えている。サンダーにとっては、ここからが本当のテストとなるだろう。

なおオクラホマシティーでは、2016年10月29日が正式に「エネス・カンターの日」になった模様だ。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑