Video ウィギンス 40得点

Published on 2月 17th, 2017 | by Tunaパスタ

1

ウィギンスが2試合連続で40得点超え

2014年ドラフト1位指名のアンドリュー・ウィギンスが、スター選手として順調に成長しつつある。

ウィギンスは現地15日に行われたミネソタ・ティンバーウルブズ対デンバー・ナゲッツ戦で、26本中15本のフィールドゴール成功で40得点をあげ、チームの勝利に大貢献。41得点をマークした14日のクリーブランド・キャバリアーズ戦に続いて、2試合連続での40点ゲームを達成した。

ESPNによると、22歳未満の選手が連続で40得点以上を記録したのは、アレン・アイバーソン、レブロン・ジェイムス、ケビン・デュラントに次いで、ウィギンスが4人目だという。

試合終盤には、同じドラフトクラスであるニコラ・ヨキッチの上からワンハンドダンクを叩き込むスーパープレイを披露:

1月後半からのウィギンスは、15試合連続で20得点以上をマークしており、特に相棒のザック・ラビーンが負傷離脱して以降の7試合では平均31.1得点、1.9スティール、3P成功率43.3%と絶好調。その間にウルブズは8勝7敗を記録し、オールスター直前の時点でウェスト8位のナゲッツから3.5ゲーム差の22勝35敗と、厳しい立場ではあるが、何とかプレーオフ進出への希望をつないでいる。

▼2試合連続40得点ハイライト

ボックススコア:「NBA

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • お茶

    ウィギンズはサンズ戦のブザービーター、トリプルスレットから低ーーくボールをシェイクしてドリブル、ジャンパーという流れがコービーっぽくて好きでした
    ウィギンズは今年に入ってスリーの確率がとんでもなく上がりましたね
    タウンズとウィギンズのコンビは遠からずプレイオフで見れるのではないでしょうか

Back to Top ↑