Video セルティックス ウィザーズ 第4戦

Published on 5月 9th, 2017 | by Tunaパスタ

2

【BOS-WAS第4戦】ウィザーズが第3Qに26-0のラン

現地7日にベライゾンセンターで行われたワシントン・ウィザーズ対ボストン・セルティックスのイースタンカンファレンス・セミファイナル第4戦は、ウィザーズが第3ピリオドをダブルスコアで圧倒して121-102で快勝。ホームで2連勝をあげ、シリーズを2勝2敗のタイに戻した。

6分間で26連続得点

この日のウィザーズは、ブラッドリー・ビールが29得点、ジョン・ウォールが27得点/12アシストをマークしてチームを牽引。勝利を決めたのは、第3Q中盤にみせた記録的なランだった。

▼26-0

ウィザーズは第3Q残り11分から5分の6分間でFG12本中9本成功、5アシスト、5スティールを記録。同時にセルティックスのフィールドゴールアテンプトをわずか5本に制限しながら無得点に抑えている。

「ディフェンスのおかげだ。守備が良かったからこそ、トランジションで攻めて、オープンショットやオープンレイアップを稼ぐことができた。楽しみながらプレイしていたよ」
– ブラッドリー・ビール

セルティックスは、アイザイア・トーマスが19得点、テリー・ロジアーが16得点、ケリー・オリニクが14得点をマーク。この日の0-26のランの他にも、第3戦での0-22、さらに第1戦での0-16のランと、ほぼ毎試合で大きく崩れる時間帯があるのがパターンとなっている。

Image by Keith Allison

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • YusukeIndia

    upお疲れ様です(^ ^)
    P/O始まってから、ほぼ毎試合upされてて嬉しいですが毎日の更新は大変でしょうね… お疲れ様です。

    ウィザーズ勝ちましたね!
    というよりも、セルツは爆発力は凄いですが、安定感に欠けますよね… 26-0のランとか高校バスケでもなかなか起きないですからね…
    東の1位はセルツでしたが、キャブスと比較するとーどうしても… という感は否めないですね。てゆーかそもそもCF行けるのか、ですからね 笑

  • なおや

    ウォール、カッコいい。

    パスセンス、ドリブルスピード、テクニック、ダンク、守備、どれも一級品。すでにクリポは超えてる気がしますね。ゴータットへのアシストも素晴らしい。自分のフィニッシュ能力も凄いけど、ゴータットやポーターをあそこまで輝かせる事が出来るのは、PGとしてアンセルフィッシュな事の証明でしょう。

    そろそろ外も一級品になってもらって欲しいですね。今のままのプレイスタイルでは、怪我も怖いところです。ローズもそうでしたから。

    更にプレイの精度を上げてもらって、レブロンのように息の長い選手になってもらいたい。

Back to Top ↑