Video ザック・ラビーン 360ダンク

Published on 3月 8th, 2016 | by Tunaパスタ

0

ザック・ラビーンがファーストブレイクからパワフルな360ダンク

今年のオールスターでダンクコンテスト2連覇を達成したミネソタ・ティンバーウルブズのザック・ラビーンが、現地7日にタイムワーナー・ケーブル・アリーナで行われたシャーロット・ホーネッツ戦の第2Q中盤に速攻からスタイリッシュな360ダンクを披露し、敵地のファンたちを沸かせた。

まるで普通のレイアップでも決めるかのように、難しいダンクをあっさりと叩きこんでいる。それでいてフィニッシュのキレが素晴らしい。

このダンクでチームの士気も高まったのか、ウルブズはここから前半終了までの5分間で20-6のランを展開し、ハーフタイムで逆転に成功する。

対するホーネッツは、後半に入ってからケンバ・ウォーカーやアル・ジェファーソンの奮闘で主導権を奪い返し、第4Q残り3分50秒で15点リードを確保。その後ウルブズが残り時間15秒で3点差まで巻き返す猛反撃をみせるも、ホーネッツはジェレミー・リンが4本のフリースローを沈めてファウルゲームを制し、4連勝を決めた。

Q1 Q2 Q3 Q4
MIN 18 31 26 28 103
CHA 23 24 35 26 108

ホーネッツ(34勝28敗)は、第3Qだけでスリー5本成功の21得点と爆発したウォーカーが、ゲームハイの34得点をマーク。3試合連続での30点超えを達成した。

ウルブズ(20勝44敗)は、カール・アンソニー・タウンズが28得点、14リバウンド、FG成功率61%を記録し、今季18回目となる20/10のダブルダブルを獲得。他には、アンドリュー・ウィギンスが25得点、ラビーンが19得点、リッキー・ルビオが10得点、10アシストをあげている。

ボックススコア:「NBA

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑