weekly report スパーズ 集合写真

Published on 4月 21st, 2014 | by Tunaパスタ

0

【サンデーレポート Vol.20】4月14日~20日: 2013-14シーズンのベストプレーいろいろ

NBA第25週のまとめ記事。


【Vol.20】NBA第25週 – 4月14日~20日


順位表(最終結果):

NBA順位表4月14日~20日

スクリーンショット via FoxSports

スパーズが強い理由

サンアントニオ・スパーズがまた新たな偉業を成し遂げた。2013-14シーズンで、平均出場時間が30分を超えた選手が一人もいなかったのだ。NBAとABAが1976年に統一されて以来、初の快挙となる。

最もプレー時間が多かったのはトニー・パーカーで、平均29.4分。次にティム・ダンカン(29.2分)、クワイ・レナード(29.1分)と続き、合計で8選手が20分以上を平均した。

この記録が意味するものは、「スーパースターに依存していない」、「ベンチの層が厚い」、「全員の役割分担がちゃんとできている」ということ。これで今シーズンのベストレコードを勝ち取ったのだから、スパーズはチームバスケの完成系といっても過言じゃない。

今季のスパーズはアシスト数と3P成功率でリーグ1位、FG%成功率ではリーグ2位を記録。ボールがうまくシェアできている証拠だ。それから、チーム全員で自分撮りしたりと仲が良さそう…。

カーメロ「お金は関係ない」

NBAデビュー11年目にして、初めてプレイオフ進出を逃すこととなったニックスのカーメロ・アンソニー。シーズン終了後のインタビューで心境を語った際に、オフシーズンのフリーエージェンシーについてちょっと意味深な発言をした:

「(ニックスに)戻ってきたい。でも勝ちたい」

「これ以上、負け越しシーズンに耐えられるかわからない」

「今の時点でお金は関係ない」

その一方でカーメロは、「もしこの先5年間でハイレベルな競争ができる環境になれるならば、どんな契約内容であろうとも、僕はニックスに残りたい。去りたいなんて1度も口にしたことはないよ」とも語っている。このオフシーズンにニックスは最大で5年/1億2900万ドルのオファーを提示することができるが、果たしてどうなることか…。

NBA史上初、チームメイトが3ポイント成功数でリーグトップ2

ウォリアーズのステファン・カリーとクレイ・トンプソンが、今シーズンの3ポイント成功数でリーグ上位1,2を独占した。

3P成功数 成功率 平均得点
1 ステファン・カリー 261 42.4% 24.0
2 クレイ・トンプソン 223 41.7% 18.4
3 デイミアン・リラード 218 39.4% 20.7

同じチームの選手がスリーポイント成功数で1,2フィニッシュするのは、NBA史上初の快挙となる。

画像いろいろ:

1.ジョアキム・ノアのフリースロー

2.もしプレイオフがレギュラーシーズンの直接対決成績通りに進むと…

3.奥さんの卒業アルバムをみてたらJ.R.スミスが出てきたんだってさ

シーズントッププレー動画集:

1.ダンク編

2.クロスオーバー編

3.カーメロ・アンソニー編

4.カイリー・アービング編

5.ゴラン・ドラギッチ編

Thumbnail via imgur

Tags: , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑