weekly report サンデーレポート vol.31

Published on 1月 12th, 2015 | by Tunaパスタ

2

【サンデーレポート Vol.31】1月5日~11日: ニックスがリーグ最下位に転落

NBA2014-15シーズン第11週の気になるニュースや動画をざっとまとめました。サンデーレポートは毎週日曜日にアップします。


【Vol.31】2014-15第11週 – 1月5日~11日


順位表(現地1月11日現在):

  ウェスト イースト
1 ウォリアーズ 29-5 ホークス 28-8
2 ブレイザーズ 29-8 ラプターズ 25-11
3 ロケッツ 26-11 ウィザーズ 25-11
4 グリズリーズ 25-11 ブルズ 26-12
5 マブス 26-12 キャブス 19-18
6 クリッパーズ 25-12 バックス 20-19
7 スパーズ 23-15 ネッツ 16-21
8 サンズ 22-17 ヒート 15-21
9 ペリカンズ 18-18 ペイサーズ 15-24
10 サンダー 18-19 ホーネッツ 15-24
11 ナゲッツ 17-20 ピストンズ 13-24
12 キングス 15-21 セルティックス 12-23
13 ジャズ 13-25 マジック 13-27
14 レイカーズ 12-25 シクサーズ 7-29
15 ウルブズ 5-31 ニックス 5-35

今週の歴史

  • 1951年1月6日 – インディアナ・オリンピアンズがロチェスター・ロイヤルズ(現サクラメント・キングス)に6オーバータイムで勝利(NBA最長試合時間記録)
  • 1962年1月5日 – ウィルト・チェンバレンが47試合連続フル出場(48分)を開始(NBA歴代記録)
  • 1972年1月7日 – ロサンゼルス・レイカーズがアトランタ・ホークスを破り、33連勝を達成(NBA/米メジャースポーツ最長連勝記録)。ちなみにレイカーズの連勝記録を終わらせたのは、カリーム・アブドゥル=ジャバー率いるミルウォーキー・バックスだった
  • 1986年1月10日 – カリーム・アブドゥル=ジャバーがキャリア通算3万4000得点目を獲得。歴代NBAで3万4000点に到達した初のプレーヤーとなった(現在でもカリームとカール・マローンの2人のみ)
  • 1996年1月9日 – トロント・ラプターズがシャーロット・ホーネッツとの試合でフリースロー成功数0本を記録。1試合を通してフリースローを1本も決められなかった初のチームとなった

ニュース:

・ノビツキーが通算得点で歴代7位に!

5日に行われたダラス・マーベリックス対ブルックリン・ネッツ戦で、ダーク・ノビツキーがオーバータイム残り34秒にスリーポイントシュートを成功させ、キャリア通算2万7412点目を獲得。NBAキャリア得点記録でモーゼス・マローンを追い抜き、歴代7位に浮上した。

プレーヤー 通算得点
1 カリーム・アブドゥル=ジャバー 38,387
2 カール・マローン 36,928
3 コービー・ブライアント 32,437
4 マイケル・ジョーダン 32,292
5 ウィルト・チェンバレン 31,419
6 シャキール・オニール 28,596
7 ダーク・ノビツキー 27,412
・ブランダン・ライトがサンズに移籍

現地9日、フェニックス・サンズがボストン・セルティックスとのトレードでビッグマンのブランダン・ライトを獲得した。

ライトは12月18日にダラス・マーベリックスからトレード放出され、セルティックスに移籍したばかり。セルティックスでは10試合に出場し、平均3.3得点、2.1リバウンドを記録している。サンズのジェフ・ホーナセックHCはライトについて、「バスケットにロールしてボールをキャッチするのが上手く、そこからダンクやフックショットが打てる選手」と評価した。

3週間とわずかな在籍期間だったが、あるセルティックスファンはトリビュートビデオを作成してYouTubeにアップし、ライトの新たな門出を祝った。

・ニック・ヤングとジェレミー・リンの会話

現地6日に行われたレイカーズのAll-Accessメディアイベントより:

ヤング:「(コービーについて)あの男にはフィルターがない。口を開くと止まらなくなるんだ」
リン:「皮肉な話だね」
ヤング:「何だって?」
リン:「何でもない。続けてくれ」

リン:「恋人はいません」
ヤング:「どうして恋人がいないんだ?」
リン:「誰とも交際していないからだよ、ニック」

リン:「生まれはカリフォルニアのトーランスで…」
ヤング:「マジで?」
リン:「そうだよ、ニック。前にも話したよね。俺は違う大陸の生まれじゃないから」

・ニックスが最下位に転落

現地5日、フィラデルフィア・セブンティシクサーズがクリーブランド・キャバリアーズを破り、今季5勝目を挙げた。そして同日、ニューヨーク・ニックスは105-83でメンフィス・グリズリーズに惨敗。これにより、ついにニックスがリーグ最下位に転落した。

これほど散々なシーズンを迎えることになると誰が予想できたか?リーグトップ10選手のカーメロ・アンソニーを擁するチームが、シクサーズやウルブズ以下って…。さすがにありえない。スーパースターのいるチームがここまで弱小だったことは、NBA史上あまり例がないのでは(2008年のヒート、もしくは2004年のマジックくらいか)?

さらにニックスは今週、イマン・シャンパートとJ.R.スミスのキープレーヤー2人をキャップスペース拡大のためにトレード放出。今シーズンを捨てて、来季に向けた完全再建モードに突入した。

これに伴い、米ESPNは予定していたニックスの試合中継数を削減すると発表。またニューヨーク・タイムズ紙のニックス担当ライターは、ニックスがあまりにも酷すぎるため、今後1ヵ月は他のチームを取材するよう会社から指示を受けたらしい。

・チャールズ・バークレー、J.R.スミスのキャブス移籍について

「JRはキャブスでまともになるはず。なにしろクリーブランドでは夜にすることがほとんどないからな。ジムでトレーニングする回数が増えるだろう」
– バークレー

画像:

1.ニコラス・バトゥームの「Je suis Charlie(私はシャルリー)」Tシャツ、シャルリー・エブド襲撃テロの追悼

via imgur

2.MSGのニックスファン

ニックスファン

3.ブルズがホワイトハウス訪問

4.ティモフェイ・モズゴフ、キャブスのフィジカルチェックにて。デカすぎて天井を外す必要があったらしい

ティモフェイ・モズゴフ

via @chernykh/Twitter

動画:

1.カイル・コーバーの威力

2.マーカス・モリスがホーナセックHCにブチ切れ

 

3.マローン&ノビツキー

4.スワギーP流

 

5.クインシー・エイシーにMVPコール!

6.タイラー・ハンズブロー、スリーポイント初成功

 

7.J.R.スミス27得点、9日ウォリアーズ戦

Thumbnail via imgur.com

Tags: , , , , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 龍 辰巳

    モズコフ…笑

    ニックスは本当に酷くなる一方ですね……やはりメロはチームを勝たせられる選手ではないのでしょうか。もっとも今はそもそも怪我してますが。泣き面に蜂という表現すら生ぬるいくらいになってしまってますね。エイシーのハッスルプレーは好きです。

    話題に上がっているキャブスも、レブロンが離脱してからというものとんと勝ててませんね。図らずもチームとしての力不足が浮き彫りになってますね。ウォリアーズ戦のように、スミスが心機一転して一昨シーズンのように爆発力を発揮していければ…モズコフも駆け込み補強の割になかなかいい感じですしね。ただ内容と結果どっちを見ても、ブラットHCはそろそろ正念場ですね。

    • ニックスは本当にどん底です。ロスターをみれば、シクサーズはもちろんのこと、ペイサーズよりも確実に充実していたんですけどね。
      ペイサーズなんか、ベンチ出場のC.Jマイルズが平均12~13得点でチームのリーディングスコアラーだった時期がありました。これでよく15試合も勝てたなと…。ボーグルHCは本当に素晴らしいコーチだと思います。

      ならばニックスの爆死はフィッシャーの責任?フィル・ジャクソンが指揮をとっていれば少しはマシだった?もうよく分かりません。

      キャブスも、レブロンがいないだけでここまで弱くなるのかと少し驚きです。仮にもラブとアービングがいるチームなのに…。

Back to Top ↑