weekly report サンデーレポート vol.34

Published on 2月 8th, 2015 | by Tunaパスタ

4

【サンデーレポート Vol.34】2月2日~8日: コミッショナー、プレイオフ形式の改革に前向き

NBA2014-15シーズン第15週の気になるニュースや動画をざっとまとめました。サンデーレポートは毎週日曜日にアップします。


【Vol.34】2014-15第15週 – 2月2日~8日


順位表(2月8日現在):

  ウェスト イースト
1 ウォリアーズ 40-9 ホークス 42-9
2 グリズリーズ 37-13 ラプターズ 34-17
3 クリッパーズ 35-15 ウィザーズ 32-20
4 ブレイザーズ 34-17 ブルズ 31-20
5 ロケッツ 35-18 キャブス 31-21
6 マブス 33-18 バックス 28-23
7 スパーズ 32-18 ヒート 22-28
8 サンズ 29-23 ホーネッツ 21-29
9 ペリカンズ 27-24 ネッツ 21-29
10 サンダー 25-25 ピストンズ 20-31
11 ナゲッツ 19-32 セルティックス 19-31
12 キングス 18-33 ペイサーズ 19-32
13 ジャズ 17-32 マジック 16-37
14 レイカーズ 13-37 シクサーズ 12-40
15 ウルブズ 10-40 ニックス 10-41

今週の歴史

  • 1970年2月6日 – ニューヨーク州のバッファローに新NBAチーム「ブレーブス」が誕生。その後、カリフォルニア州のサンディエゴに移転して、クリッパーズに改名。1984年からはロサンゼルスに本拠地を構えている。
  • 1980年2月3日 – ボストン・セルティックスのルーキー、ラリー・バードが、オールスター史上初のスリーポイントシュートを成功させた
  • 1987年2月4日 – サクラメント・キングスがロサンゼルス・レイカーズ戦の第1Qに合計でわずか4得点を記録。1954年にショットクロック制度が導入されて以来の、1ピリオドにおける史上最低得点となる
  • 1987年2月7日 – マイケル・ジョーダンがオールスター・ダンクコンテストにて伝説のフリースローダンク
  • 1993年2月4日 – ラリー・バードの背番号「33」の永久欠番セレモニー

ニュース:

・アダム・シルバー、プレイオフ形式の改革も視野に

以前から指摘されてきたことだが、近年のウェスタンカンファレンスとイースタンカンファレンスの間には大きな格差が存在する。2000年以降でイーストの勝率がウェストを上回ったのは、2008-09シーズンの1度きり。昨季は48勝を挙げたサンズがプレーオフ進出を逃しており、今季もリーグの上位16チーム中10チームがウェスタンカンファレンスだ。

この戦力不均等な状況に関してNBAコミッショナーのアダム・シルバーは現地4日、テレビ番組に出演した際に「変更が必要」とコメントを残し、プレイオフフォーマットの改革に前向きな姿勢を示した。

「ベストチームがプレイオフに出るのが理想的だ。しかし現状は、不均衡と確実な不公平が存在している」

コミッショナーが提案した改革案は次の2点:

  • ディビジョン優勝を果たした6チームは自動的にプレイオフ進出
  • 残りの10席は、カンファレンスに関係なく成績上位のチームに与えられる

「もちろん移動の問題はある。だが今の時代、すべての球団がチーム専用機を所有しており、チャーターで移動を行っている。この件に関しては、リーグの競争委員会と念入りに考察するつもりだ。これについては、多くのオーナーたちが強い考え方を持っているだろうが、私は改革が必要なエリアだと考えている」
– アダム・シルバー

・デュラント 「オールスターの椅子が欲しければ1on1で俺に勝ってみろ」

ケビン・デュラントが今年のオールスターリザーブに選出されたことに関して、各地で多くの疑問の声が上がっていた。「シーズンの半分以上を欠場している」、「勝率5割ギリギリのサンダーから2人選ばれるのはフェアじゃない」などといった点が主な理由だ。特に、ブレイザーズやマブスなど、好成績を収めているチームのファンたちは不満に思ったかもしれない。

このことは本人の耳にも入ったのだろう。デュラントは6日に行われたペリカンズとの試合前に、これらのクレームを一蹴するかのようなコメントを残した。

「俺のオールスタースポットが欲しい奴は、俺と1on1で勝負して決めればいい」
– ケビン・デュラント

半分ジョークのつもりだろうが、もし実現すれば最高に面白そうだ。オールスターの椅子を賭けてデュラントとリラードが勝負するところなど、ぜひとも見てみたい。

Mavs.comによると、このデュラントのオファーに対して、マブスオーナーのマーク・キューバンが最初に名乗りを上げたそうだ。

「ダークには勝った。だからデュラントにも勝てる」
– マーク・キューバン

ちなみに、70年代のNBAには1on1の公式トーナメントが存在していた。

・クリス・ポールが審判批判で罰金

NBAは現地7日、公に審判を批判したとして、ロサンゼルス・クリッパーズのクリス・ポールに対して2万5000ドルの罰金処分を課した。

問題となったのは、CP3が5日の試合後インタビューで残したコメント。第3Qにテクニカルファウルをコールした審判の判定に対して、「馬鹿げている」などと厳しい言葉で批判した。

・ホワイトサイドが20/20ダブルダブル

マイアミ・ヒートのハッサン・ホワイトサイドが、現地4日のウルブズ戦で自己最多の24得点と20リバウンドを獲得し、NBAキャリア42試合目にして20/20のダブルダブルを記録した。

この日の出場時間は36分で、フィールドゴール成功率は何と92.3%(13本中12本)!

ホワイトサイド 月別スタッツ
MIN PPG RPG BPG
12月 10.3 3.1 3.6 1.1
1月 23.6 13 10.9 3.4
2月 29.9 18.3 13 3.3

これほどのレベルで選手が突然覚醒した例は過去にあるだろうか?

動画:

1.リッキー・ルビオ!!

2.絶対にウェストブルックをスルーするべからず…

 

3.デマーカス・カズンズ、チェイスダウン・ブロック

4.クラッチタイムで史上最悪のインバウンズ

5.ビール…

6.トバイアス・ハリス、キャリアハイ34得点

7.ジョーダンのフリースローダンク

8.ステファン・カリー、父親や10歳少女とシューティング対決

Image by /u/grathaniel

Tags: , , , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • プレイオフの改革は可能ならば是非とも実現して欲しいと思います。
    現状ではウエストのチームが不憫でなりませんから。
    出来ればオールスターの選出方法も改革して欲しいところですが、こればかりは「西vs東」という構図なのでどうにもならないでしょうねぇ・・・。

    それと、ウェストブルックの怒りのツボがよく分かりません(笑)。
    チームメイトになったら色々と面倒くさそうなヤツですねw
    まあ、そういうとこも含めて面白いキャラなんですが。

    • プレイオフシーディングの変更は必須だと思います。イーストのオーナーたちは納得しないかもしれませんが、ウェストが強すぎてサンズやペリカンズのようなチームがプレイオフに出られないのは残念すぎます。
      それからウェストは勝ち上がるのも大変ですもんね。

      そもそもプレイオフでカンファレンスにこだわる理由が見当たりません。レギュラーシーズンのようなヘビースケジュールではありませんし、地理的に見てもグリズリーズやウルブズ、ペリカンズは完全に西よりも東海岸に近いですし。
      http://i.imgur.com/r0kZZFm.jpg

      オールスターもそうですね。もしバスケットボール殿堂入りの審査対象にオールスター出場回数が考慮されるのであれば、やはり不公平というか。

      ウェストブルックは面白いですね。彼の試合を見るたびに、どんどん好きになります。どんな試合でも常に全速力なんですよね。
      ひどいシュートを打ったかと思えば、その直後にどこからか飛んできて、ありえないオフェンスリバウンドを取ってミスの埋め合わせをしたりとか。
      プレースタイルはまったく違いますが、競争心の面でジョーダンやコービーレベルの資質を感じます。

  • 吉田

    毎年MIPは予想できないと言いますが、まさかホワイトサイドが…。誰が予想したでしょうか笑

    • ホワイトサイドは近年最大の謎ですねw
      GrantlandのZach Lowe氏によると、ホワイトサイドは出場時間内で全体リバウンド数の26.5%を確保していて、相手チームのフィールドゴールアテンプトの11%をブロックしているらしいです。NBA史上前例がないパターンだそうです。

      どうしてこれほどの才能を持った選手が3~4年の間スルーされ続けてきたのか…。

Back to Top ↑