weekly report サンデーレポート vol35

Published on 3月 1st, 2015 | by Tunaパスタ

2

【サンデーレポート Vol.35】2月23日~3月1日: デアンドレ・ジョーダンが絶好調

NBA2014-15シーズン第18週の気になるニュースや動画をざっとまとめました。サンデーレポートは毎週日曜日にアップします。


【Vol.35】2014-15第18週 – 2月23日~3月1日


順位表(3月1日現在):

  ウェスト イースト
1 ウォリアーズ 45-11 ホークス 47-12
2 グリズリーズ 42-16 ブルズ 37-22
3 ロケッツ 40-18 ラプターズ 37-22
4 ブレイザーズ 38-19 キャブス 37-23
5 クリッパーズ 38-21 ウィザーズ 34-26
6 マブス 39-22 バックス 32-27
7 スパーズ 36-23 ヒート 25-33
8 サンダー 32-27 ネッツ 24-33
9 ペリカンズ 31-27 ペイサーズ 24-34
10 サンズ 31-29 ホーネッツ 23-33
11 ジャズ 23-35 セルティックス 23-33
12 キングス 20-36 ピストンズ 23-36
13 ナゲッツ 20-38 マジック 19-41
14 レイカーズ 16-41 シクサーズ 13-45
15 ウルブズ 13-45 ニックス 12-46

今週の歴史

  • 1967年2月24日 – ウィルト・チェンバレンがバルティモア・ブレッツ戦で18本中18本のフィールドゴールに成功。失敗なしの1試合フィールドゴール数最多記録
  • 1978年3月1日 – アトランタ・ホークスのジョン・ドリューがニュージャージー・ネッツ戦で、1試合歴代最多の14ターンオーバーを記録
  • 1996年2月27日 – シカゴ・ブルズがミネソタ・ティンバーウルブズに勝利し、シーズン成績を50勝6敗に更新。アメリカの4大プロスポーツ(NBA、NHL、MLB、NFL)史上最も少ない敗北数でシーズン50勝に到達したチームとなった
  • 2002年2月26日 – チャッキー・ブラウンがキャリア12チーム目となるサクラメント・キングスの試合に出場(最も多くのチームでプレーしたNBA歴代記録)
  • 2012年2月26日 – コービー・ブライアントがオールスターゲーム通算271得点目を獲得。マイケル・ジョーダンを追い抜き、新記録を樹立した(現在は280点)

ニュース:

・帰ってきたビーズリー

今季はホームカミングのシーズン。オフにはレブロン・ジェイムス、トレードデッドラインにはケビン・ガーネットとテイショーン・プリンスがそれぞれの古巣に復帰。そして先日、マイケル・ビーズリーがマイアミへのリターンを果たした。

ビーズリーは昨年10月に中国のリーグに移籍。37試合で平均27.1得点、10.4リバウンド、5.2アシスト、1.92スティール、FG成功率51.3%という極めて優秀な成績を残し、CBAのオールスターゲームでは59得点を記録してMVPに輝いている。現地26日にヒートと10日間の契約に合意し、見事NBAに復活した。ビーズリーがヒートと契約するのは3度目となる。

ビーズリーは、NBA復帰試合となった27日のペリカンズ戦で7得点を獲得。続く28日のホークス戦では25分出場し、9得点、3リバウンド、2スティール、6ファウルを記録した。

三度目の正直という言葉がある。反対に、二度あることは三度あるともいう。ビーズリーの3度目の挑戦はどう転ぶか?

・ウェストブルックが顔面を手術

オクラホマシティ・サンダーは現地28日、ラッセル・ウェストブルックが右頬の骨折で手術を受けたことを発表した。

ウェストブルックが負傷したのは、27日に行われたブレイザーズ戦の試合終了直前。チームメイトのアンドレ・ロバートソンの膝が顔面を直撃し、右頬に陥没したような痛々しい跡が残った。

報道によると、ウェストブルックは週内に再検査を予定しており、3月1日のレイカーズ戦は欠場するとのこと。短期間で復帰すると予想されている。

・クリス・ボッシュが退院

肺血栓塞栓症と診断され入院していたマイアミ・ヒートのクリス・ボッシュが、現地28日にサウスフロリダ病院から退院した。今季は全休が決まっており、その後の復帰時期も今のところ未定だ。とりあえず無事に退院できてよかった。

・デアンドレ・ジョーダンがアツい

昨季のクリッパーズは、クリス・ポールの離脱期間中にブレイク・グリフィンがMVPレベルのパフォーマンスでチームを引っ張った。今季は、感染症で欠場しているグリフィンに代わって、デアンドレ・ジョーダンがスーパースター級の大活躍をみせている。

ジョーダンはグリフィンが離脱してからの8試合で、平均17.2得点、18.5リバウンド、2ブロックを記録。フィールドゴール成功率は67.1%で、ターンオーバーは1試合平均わずか1つしか出していない。

加えてディフェンスでの仕事っぷりも素晴らしい。ジョーダンがコートにいるときのクリッパーズは、相手チームのゴール下FG成功率を30.9%に抑えている。反対にジョーダンがベンチに下がると、この数字が38.6%にまで上がってしまうのだ。

ジョーダンの活躍のおかげもあり、グリフィン不在のクリッパーズは、グリズリーズやロケッツ、スパーズなど上位チームとの対戦が続いた8試合のタフスケジュールを何とか5勝3敗で乗り切ることができた。

・今季もスーパースターの怪我が絶えず

中~長期離脱中:

ケビン・デュラント、コービー・ブライアント、ポール・ジョージ、カーメロ・アンソニー、デリック・ローズ、クリス・ボッシュ、ブレイク・グリフィン、ドワイト・ハワード、アンソニー・デイビス

動画:

1.ルディー・ゲイ、少年の力を借りてフリースローに成功!!

2.ブギー…

 

3.試合をテイクオーバーして古巣ベンチを睨みつけるアイザイア・トーマス

4.ハーデンがルビオをアンクルブレイク

5.ウィギンスがルビオの敵討ち

6.モンタ・エリス、360リバース

7.イバカの8ブロックショット

 

8.アイザイア・カナーン!!

Image by ThisIsAMormon/Reddit

Tags: , , , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ジェシアス

    久々の書き込みです。
    いつもいつも読み応えのある面白い記事を読ませてくれてありがとうございます。
    これからもずっとツナドラマさんのブログを読み続けたいのでマイペースで無理なく更新していってください。
    それでは。

    • ありがとうございます!!

Back to Top ↑