weekly report サンデーレポート vol36

Published on 3月 15th, 2015 | by Tunaパスタ

4

【サンデーレポート Vol.36】3月9日~15日: ジャズのスタメンが大学チーム並みに若かった

NBA2014-15シーズン第20週の気になるニュースや動画をざっとまとめました。サンデーレポートは毎週日曜日にアップします。


【Vol.36】2014-15第20週 – 3月9日~15日


順位表(3月15日現在):

  ウェスト イースト
1 ウォリアーズ 52-13 ホークス 51-14
2 グリズリーズ 46-20 キャブス 42-25
3 ブレイザーズ 43-20 ラプターズ 39-26
4 ロケッツ 43-22 ブルズ 40-27
5 クリッパーズ 42-24 ウィザーズ 38-28
6 マブス 42-25 バックス 34-32
7 スパーズ 40-24 ペイサーズ 30-35
8 ペリカンズ 36-29 ホーネッツ 29-35
9 サンダー 36-29 ヒート 29-36
10 サンズ 34-33 セルティックス 29-36
11 ジャズ 29-36 ネッツ 26-38
12 ナゲッツ 25-41 ピストンズ 23-43
13 キングス 22-43 マジック 21-46
14 レイカーズ 17-47 シクサーズ 15-51
15 ウルブズ 14-50 ニックス 13-52

今週の歴史

  • 1965年3月11日 – ボストン・セルティックスのビル・ラッセルがデトロイト・ピストンズとの試合で、NBA歴代3位記録となる49リバウンドを獲得
  • 1985年3月9日 – デンバー・ナゲッツのラファイエット・リーバーがインディアナ・ペイサーズとの試合で、1クォーターにおけるNBA最多記録となる8スティールを獲得
  • 1987年3月10日 – ロサンゼルス・レイカーズのカリーム・アブドゥル=ジャバーがナゲッツ戦の第1Qにキャリア通算4194回目のファウルを記録。史上最もファウル数が多いプレーヤーとなった(通算記録は4657回)
  • 1999年3月9日 – ヒューストン・ロケッツのアキーム・オラジュワンがキャリア通算3503本目のブロックショットをマーク。史上唯一3500本以上のブロックを記録した選手となる(通算記録は3830本)
  • 2002年3月10日 – ユタ・ジャズのジョン・ストックトンがNBA史上初めて通算15000本以上のアシストを獲得したプレーヤーに。
  • 2010年3月9日 – ミネソタ・ティンバーウルブズのケビン・ラブが52試合連続のダブルダブルを達成。それまでモーゼス・マローンが保持していたNBA/ABA合併以来のダブルダブル連続試合記録を塗り替えた

ニュース:

・カイリー・アービングは「コービーから学んだ」

現地12日のキャブス対スパーズ戦で、自己キャリアハイかつ球団最多の57得点を記録したカイリー・アービング。第4Qのラストプレーでは、同点のブザービータースリーを沈めて試合を延長戦に持ち込み、見事キャブスを勝利に導いた。

試合翌日、アービングはキャリアハイパフォーマンスついて、「コービーから学んだ」と近年最高のスコアラーに敬意を表した。

「すべてのショットを同じ形で打つことが大切。肘がリングを指してさえいれば、シュートが入る可能性は高い。そのことはコービー・ブライアントから学んだんだ」

シューティングは常に肘の先をリングに向けることが大切。ぜひ参考にしてみよう。

・ウェストブルックにフロッピング警告

NBAは現地13日、オクラホマシティー・サンダーのラッセル・ウェストブルックに対してフロッピングの警告を与えた。

問題となったプレーは、12日に行われたサンダー対クリッパーズ戦でのスリーポイントアテンプト。ウェストブルックはファウルを貰おうとシュートを放ってから大袈裟に足を突きだし、その結果、コンタクトがなかったにもかかわらずフリースローが与えられた。

ウェストブルックがフロッピング警告を受けるのは今季1回目。2回目以降は罰金処分となる。

・ジャズのスタメン平均年齢が同州の大学チームよりも若かった

ユタ・ジャズが想像よりも若いチームだった。12日のロケッツ戦に先発出場したスターティングメンバーは、同じユタ州のNCAA強豪校ブリガムヤング大学(BYU)のスタメンよりも若かったのだ。

▼ジャズ(12日ロケッツ戦)とBYU(10日ゴンザガ大戦)のスタメン年齢

ジャズ BYU
G ダンテ・エグザム
(19.24歳)
カイル・コリングズワース
(23.44歳)
G ロドニー・フッド
(22.14歳)
タイラー・ホーズ
(23.92歳)
F ゴードン・ヘイワード
(24.36歳)
チェイス・フィッシャー
(22.1歳)
F デリック・フェイバーズ
(23.24歳)
ジョシュ・シャープ
(24.76歳)
C ルディ・ゴバート
(22.26歳)
コービン・カウフシ
(23.44歳)
平均 22.25歳 23.23歳

※via Reddit

NBAチームのスタメンが大学チームよりも若いとは、よく考えてみればとんでもないことだ。

・バルニャーニが好調?

バルニャーニ パスタ

2月初めに長期離脱から復帰したニックスのアンドレア・バルニャーニが調子を上げてきたっぽい。特に先発出場を果たしているここ9試合では、平均17.7得点、4.3リバウンド、FG成功率50%、3ポイント成功率54.5%を記録している。

バルニャーニは今季いっぱいでついにFAとなるので、この調子を維持できればそれなりのオファーがもらえるかもしれない。

画像:

1.マルコ・ベリネリ、イタリア版GQ誌の表紙を飾る

ベリネリ GQ

via imgur

2.ジェイムス・ハーデンのシューティングマップ

ジェイムス・ハーデン ヒートマップ

動画:

1.カリーのバッドショットとスティーブ・カーHCのリアクション

2.ドック・リバースHCのリアクション(ではない)

 

 

3.アンソニー・デイビス、39得点、13リバウンド、8ブロック

4.ファンブル&ファンブル

5.…

 

6.チャンドラー・パーソンズ、クロスオーバー

7.ベニー・ザ・ブル

Thumbnail via YouTube

Tags: , , , , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 36s

    ハーデンのシュートマップは移籍の際にも話題にあがってましたね。
    ウエストブルックもMVP級の活躍ですが優勝しない限り、ずっと言われ続けるんだろうなぁ。

    BENNY最高です。

    • ベニーは全米トップクラスのエンターテイナーですね笑

      サンダーは怪我さえなければ常に優勝最有力候補なんですけどね…。去年はイバカで一昨年はウェストブルック。とにかく運が悪かったです。
      今年もデュラントが完全復帰できれば、第1ラウンドでウォリアーズ相手に番狂わせを演じられる可能性は十分にと思います。というか今年のウォリアーズに7ゲームシリーズで勝てそうなのはサンダーとグリズリーズくらいな感じなんですよね。
      Go Spurs!!

      • 36s

        そこまで客観的に分析されてるのに最後のgo spurs!!で笑ってしまいました。
        私も仙台で生ジノビリを見た時からのスパーズファンなので
        頑張って欲しいですね。怪我しちゃいましたが・・・

        • スパーズにはこれまでに何度も「もう終わったか…」と思わされてきましたが、その度に見事周囲の期待を裏切ってくれるので、今年もまだ信じています笑
          パーカーがようやく本来の調子を取り戻してきて、後はレナードのスリーとフリースローがもう少し入るようになれば…。今年のプレイオフは何年分か寿命が縮まるものと思われます

Back to Top ↑