weekly report サンデーレポート Vol.39

Published on 11月 2nd, 2015 | by Tunaパスタ

2

【サンデーレポート Vol.39】10月27日~11月1日: NBA2015-16シーズン開幕!!

NBA2015-16シーズン第1週の気になるトピックやハイライト動画をざっとまとめました。サンデーレポートは毎週日曜日にアップします。


【Vol.39】2015-16第1週 – 10月27日~11月1日


順位表(現地10月31日):

  ウェスト イースト
1 GSW 3-0 DET 3-0
2 LAC 3-0 TOR 2-0
3 OKC 2-0 ATL 2-1
4 MIN 2-0 NYK 2-1
5 MEM 2-1 CHI 2-1
6 UTA 2-1 WAS 2-1
7 PHX 2-1 CLE 2-1
8 DAL 1-1 BOS 1-1
9 DEN 1-1 MIA 1-1
10 SAS 1-1 PHI 0-2
11 POR 1-2 CHA 0-2
12 SAC 1-2 MIL 0-2
13 HOU 0-2 ORL 0-2
14 LAL 0-2 BKN 0-3
15 NOP 0-3 IND 0-3

トピック:

タウンズ オカフォー

・ジャリル・オカフォーが鮮烈デビュー

2015年ドラフトでフィラデルフィア・76ersから全体3位指名を受けたルーキーのジャリル・オカフォーが、現地10月28日のボストン・セルティックス戦で26得点、7リバウンド、2ブロック、FG62.5%の鮮烈なNBA公式デビューを飾った。

Basketball Referenceのデータによると、オカフォーの26得点は、NBA1963-64シーズン以降におけるセンター選手のデビュー戦得点で、カリーム・アブドゥル=ジャバー(29得点)に次ぐ最多2位記録。過去30年では最多記録で、アキーム・オラジュワン(24得点)やデビッド・ロビンソン(23得点)のデビュー得点を上回った。恐ろしいのは、オカフォーがカリームやオラジュワン、ロビンソンよりも遥かに若かったことだ。

▼センターのデビュー戦得点Top5(1963年~2015年)

プレーヤー 得点 シーズン 年齢
カリーム・アブドゥル・ジャバー 29 1969 22
ジャリル・オカフォー 26 2015 19
アキーム・オラジュワン 24 1984 21
デビッド・ロビンソン 23 1989 24
マイカル・トンプソン 23 1978 23

※ちなみに、ウィルト・チェンバレン(当時23歳)は1959年のNBAデビュー戦で43得点、28リバウンドを記録している

また、10代のルーキーがデビュー戦で20得点以上を獲得したのは、ラマー・オドム、レブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビスに続き、オカフォーで史上4人目となる。

・タウンズも負けじと活躍

2015年ドラフト1位指名のカール・アンソニー・タウンズもオカフォーに負けていない。ウルブズ対レイカーズのNBAデビュー戦では、14得点、12リバウンドと得点こそ伸びなかったものの(それでも十分凄すぎる)、30日のデビュー2戦目では28得点、14リバウンド、4ブロック、FG成功率59%をマークした。タウンズはNBAデビュー最初の2試合でダブルダブルを記録した史上最年少の選手だという。

しかもタウンズの場合は、2試合ともチームが勝利した。あのウルブズが開幕2連勝だ!ウルブズが2勝0敗でシーズンをスタートするのは、フランチャイズ27年の歴史で6度目となる。

今季のルーキー賞争いは面白くなりそうだ。

コービー FGでシャック超え

・コービーがFG成功数でシャック超え

コービー・ブライアントが現地30日のキングス戦で、キャリア11334本目のフィールドゴールを獲得。通算FG成功数でシャキール・オニールを追い越し、歴代5位に躍り出た。

▼FG成功数歴代トップ5

プレーヤー FG
1 カリーム・アブドゥル・ジャバー 15,837
2 カール・マローン 13,528
3 ウィルト・チェンバレン 12,681
4 マイケル・ジョーダン 12,192
5 コービー・ブライアント 11,334

4位のジョーダンまでは残り858本。コービーの1試合FG成功数はキャリア平均で8.8本、全盛期で10~12本、ここ2シーズンは6.5~7.5本なので、少なくともあと100試合は必要かと思われる。

・レブロンが連続二桁得点を維持

レブロン・ジェイムスはキャリア13年で10得点未満の試合がわずか8試合しかない(プレーオフ除く)。レギュラーシーズンで最後に一桁得点を記録したのは2007年1月5日のバックス戦で(8得点)、それ以来644試合にわたり二桁得点を維持している。マイケル・ジョーダン(866試合)、カリーム・アブドゥル・ジャバー(787試合)に次ぐ、歴代3位の最長連続記録だ。

この記録が、現地28日のグリズリーズ戦で少しだけ途絶えそうになった。

この日のレブロンはシューティングが不調気味で、第3Q残り3分でベンチに下がった時点での得点が9得点。それでも試合は第4Q開始時点でキャブスの24点リードと、ほぼ勝敗が決定していた。

普通ならスター選手を完全に下げ、残り時間をセカンドユニットに任せる状況だろう。しかもキャブスはアウェイでのバック・トゥ・バック2試合目で、疲労も溜まっていたはず。その上、レブロンの腰の心配もあり、不必要なリスクは何としても避けたいところだ。

にもかかわらずレブロンは、第4Qの頭からフロアに戻り、約5分間プレー。残り時間7分43秒にフリースローを2本決めて得点を二桁台に乗せると、続くポゼッションでもシューティングファウルを獲得。2本中1本のフリースローを成功させ、その直後にようやくベンチへと下がった。

こうしてレブロンは、知ってか知らずか連続二桁得点の維持に成功したわけだ。もしかすると本人やヘッドコーチは、この比較的マイナーな記録のことをちゃんと気にしているのかもしれない。

動画:

1.ジャリル・オカフォー、デビュー戦

2.カール・アンソニー・タウンズ、デビュー2戦目

3.怖いもの知らずなランドル

キャリア公式戦2試合目でKG相手にこれをやる度胸…。

4.バルニャーニのコーチも大変

 

5.ジャスティス・ウィンズロウ、キャリア初ダンク!

6.レブロンとウェイドは相変わらず息ぴったり

7.ディフェンダー3人をかわしてノールック

これは決めて欲しかった…。

8.スティーブ・ナッシュ、サンズTop13プレー

9.クリッパーズの「キスカメラ」

・今週の一枚: S.V.G

ピストンズが3勝0敗スタート!!!

Thumbnail by H-E-B/YouTube

Tags: , , , , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • kitsu

    DETが開幕3連勝なんてたまらないです。
    ただ決して今は東の常勝軍団と呼べるチームではないのを自覚し頑張ってほしいです!
    ドラモンドがモンローいなくなった分インサイドでの存在感が一層増してる気がします。オフェンスリバウンドに対する姿勢もアグレッシブで頼もしいです。
    後は、モリスがここまでオールラウンドなプレーやだと思わなかったです。いい活躍をしてくれていてここからも頑張ってほしいです。
    今のところの活躍を見てるとジェニングスよりジャクソンのほうがPGとしては上かなと…コービーも一目置いていたというブレイクからたくさんのことを学んでほしいです。
    今シーズンもよろしくお願いいたします。

    • こちらこそよろしくお願いします!

      ピストンズはサプライズでした。ATL、UTA、CHIと質の高いチーム相手に競り勝っていますもんね。まだ今季はDETの試合を見ていないのですが、ボックススコアを見る限り、やはりディフェンスがいい感じですか?
      ドラモンドのオフェンスリバウンドも凄いことになっています…。この調子なら今年はオールスターいけそうかもですね。

Back to Top ↑