Video %e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%83%bc-%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%b9

Published on 12月 24th, 2016 | by Tunaパスタ

2

ステファン・カリー、左手でマウスピースをキャッチしながら右手でKDにアシスト

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステファン・カリーは、試合中にいつもマウスピースを口元で遊ばせている。いつか落っことすのではないかと思っていたが、現地22日に行われたブルックリン・ネッツ戦では、ファーストブレイクでのドリブル中に口から飛び出たマウスピースを瞬時にキャッチし、同時に反対の手でケビン・デュラントにアシストを出すという器用なプレーをやってのけた。

この日の試合は、ネッツがアップテンポな攻めで第2ピリオドを圧倒し、ハーフタイムで65-49の16点リードを奪うも、対するウォリアーズは、後半最初のポゼッションでケビン・デュラントが3点プレーを決めて勢いに乗ると、一気に反撃を開始し、第3Q残り5分台でさっそく逆転に成功。そこからはしばらく僅差の接戦となるが、第4Q中盤から再びウォリアーズがランを仕掛けてリードを二桁に伸ばし、最終的に117-101の快勝を収めた。

▼KD

これで6連勝となったウォリアーズは、デュラントがチームハイの26得点、9リバウンド、7アシスト、3スティールでチームを牽引。クレイ・トンプソンが23得点、カリーとザザ・パチュリアがそれぞれ15得点をマークしている。なおドレイモンド・グリーンは、同日の未明に息子が誕生したためベイエリアに戻り、この日の試合には出場していない。

敗れたネッツは、ブルック・ロペスが28得点/8リバウンド、ジェレミー・リンが10得点/11アシストを記録した。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • PANTA

    ドレイモンドジュニアの誕生はとてもおめでたいですね!
    そんなこの日の試合は前半の消沈したムードに対して、後半の追い上げムードとのギャップが凄かったです。ハーフ明けの2桁ランには興奮しまくりでしたよ。

  • ルパン

    カリーのマウスピースキャッチは本当に器用でしたよね。
    第2Qまではネッツが良い形で攻めていたので、どこまで勢いが続くかと期待していましたが…第3Qの立ち上がりに一気に崩れましたね。ロペスが頑張っていたぶんネッツにも勝機があったように思えたのですが。。今のウォリアーズには16点のビハインドぐらいなら1Qですぐに追いつけるほどのオフェンス力が備わっていますね。
    それにしても…ネッツのジェファーソンのプレーは見ていてイライラします(笑)

Back to Top ↑