ブログ %e3%83%ac%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%b3-%e6%ad%b4%e4%bb%a38%e4%bd%8d

Published on 12月 21st, 2016 | by Tunaパスタ

0

レブロンがキャリア通算得点で歴代8位に浮上

クリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスが、現地20日のミルウォーキー・バックス戦で、キャリア通算2万7442得点に到達。元ヒューストン・ロケッツのモーゼス・マローンを追い抜き、キャリア得点で歴代8位となった。

▼NBA通算得点Top10

得点 試合数
カリーム・アブドゥル・ジャバー 38387 1560
カール・マローン 36928 1476
コービー・ブライアント 33643 1346
マイケル・ジョーダン 32292 1072
ウィルト・チェンバレン 31419 1045
ダーク・ノビツキー 29552 1345
シャキール・オニール 28596 1207
レブロン・ジェイムス 27442 1011
モーゼス・マローン 27409 1455
エルビン・ヘイズ 27313 1303

現在、歴代7位のシャキール・オニールとは1154点差。もし今の1試合平均25.4得点を維持すれば、今季中に追い抜く可能性も十分にある。

レブロンはオーバータイムに及んだ20日のバックス戦でゲームハイの34得点、12リバウンド、7アシストを記録。キャブスの1点ビハインドで迎えたOT残り24秒には、3Pラインの1~2m後ろから逆転のクラッチスリーを沈め、チームを114-108での勝利に導いた。

膝の負傷でケビン・ラブが欠場していたキャブスは、レブロンの他に、カイリー・アービングが28得点、チャニング・フライが15得点をマークしている。

敗れたバックスは、ジャバリ・パーカーが30得点、ヤニス・アデトクンボが25得点、13リバウンドを記録。ルーキーのマルコム・ブログドンは、第3Q終盤にレブロンの上からリバースダンクを叩き込むファインプレーをみせ、本拠地スタジアムを沸かせた。

Image by Erik Drost

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑