ブログ 2013-14 NBAパワーランキング

Published on 8月 1st, 2013 | by Tunaパスタ

0

アメリカのNBAブロガー22人が選ぶ、2013-14NBAパワーランキング

2013年オフシーズンFAもそろそろ締めくくりを迎えようとしている。30日にピストンズがブランドン・ジェニングスの獲得を発表したが、恐らくこれがシーズン前最後のメジャーな移籍となるだろう(あと目ぼしいのは、グレッグ・オデンくらいか…)。

来季に向けての各チームの青写真が出そろったところで、早速アメリカのNBAブロガーたちは2013-14シーズンの順位予想を議論し始めている。

以下は、米スポーツメディア「SB Nation」のNBAライター22人が投票で選んだ来季のパワーランキングだ。右の項目は、昨レギュラーシーズンの順位。

※このランキングはブランドン・ジェニングスのトレード以前に作成されたものです

ランキング チーム 昨季の順位
1 ヒート 1
2 サンダー 2
3 スパーズ 3
4 ペイサーズ 8
5 クリッパーズ 5
6 ブルズ 11
7 ロケッツ 13
8 ネッツ 9
9 グリズリーズ 6
10 ウォリアーズ 10
11 ニックス 7
12 ウルブズ 22
13 ナゲッツ 4
14 ホークス 14
15 ブレイザーズ 21
16 ペリカンズ 26
17 ウィザーズ 24
18 キャブス 28
19 マブス 17
20 レイカーズ 12
21 ピストンズ 23
22 ラプターズ 20
23 バックス 18
24 キングス 25
25 ジャズ 15
26 セルティックス 16
27 ボブキャッツ 29
28 マジック 30
29 サンズ 27
30 シクサーズ 19

2連覇中の王者マイアミ・ヒートが予想通りのトップ。なんとブロガー22人全員が、満場一致でヒートを1位に投票するという結果となった。

ヒートは昨季のプレイオフで弱点がやや露呈してしまった感がある。このオフシーズンは、これといった補強が今のところできておらず、ドウェイン・ウェイドの怪我の状態も不安要素の一つだ。

とはいえ、優勝チームのメンバーはほぼそのまま残るわけで、何よりもレブロン・ジェームズがいる。誰かがプレイオフで実際にヒートを負かすまで、この評価は変わらないだろう。

イーストでは他に、インディアナ・ペイサーズとシカゴ・ブルズが上位に食い込んでいる。ペイサーズは昨季プレイオフでの躍進、ブルズはデリック・ローズの復帰などが理由で、昨年よりも大幅に評価が上がった。ブルズに関しては、もう少し上でもいいような気もするが、とりあえずローズの復帰ぶりを様子見といったところか。

ウェストでは、ドワイト・ハワードを獲得したヒューストン・ロケッツが評価を高めた。反対に、ハワードを失ったレイカーズは、コービーの怪我も相まって、評価はがた落ち。ほとんどのブロガーが、プレイオフ進出は難しいだろうとみている。

そしてダントツの最下位に選ばれたのは、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ。まあそもそも、それがシクサーズの狙いなのかもしれない。来季は捨ててドラフトロッタリーの当選確立を高め、来年にアンドリュー・ウィギンズ獲得でフランチャイズ復活、というパターンもありえるわけだ。

レブロン以来の素材と噂のアンドリュー・ウィギンズ。まるでビンス・カーターとTマックを掛け合わせたようなアスリートだ。来年のドラフト1位指名間違いなしか

ちなみに来年のドラフトは、レブロンやウェイド、カーメロ・アンソニーを出した2003年以来の大豊作になるだろうと予想されている。

来季はどうなると思いますか?

Thumbnail by wallyg via Flickr

ソース:「sbnation.com

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑