ブログ ウェイド 草バスケ

Published on 9月 8th, 2018 | by Tunaパスタ

0

ドウェイン・ウェイドが一般人の草バスケに飛び入り参加

地元の体育館で日課のバスケを楽しんでいるところに、突然NBAのスター選手が現れ、しかも一緒にプレイしてくれると言ったら、さぞかし驚くことだろう。ドウェイン・ウェイドが、そんなテレビのドッキリ企画のようなシチュエーションを実現させた。

きっかけとなったのは、ニューヨークに滞在中のウェイドが現地5日に発信したツイート。

「NYCのローカルhooperたちはどこにいる?仕事帰りのバスケマンたちはいないのか?」
– D.ウェイド

すると、一人のフォロワーが「仕事終わりにChelsea Piersに行くから参加してくれ」と返信。ちなみに「Chelsea Piers」は、ニューヨークのブルックリンとマンハッタンにある月会費200ドルの高級スポーツジムだ。

「OK、D.ウェイド。これからChelsea Piersで5on5をやる。君は僕のチームの一人だから」

すると、本当にウェイドが参上した!

View this post on Instagram

Thank you NYC! #localhoopersneedlovetoo

A post shared by dwyanewade (@dwyanewade) on

なおウェイドは、数日前にもロサンゼルスでローカルのピックアップ・ゲームにサプライズで参加し、無双していた。NBAファンなら誰もが知るスター選手でありながら、このフットワークの軽さは本当に感心する。

トレーニングキャンプ開始まで約2週間に迫った9月7日の時点で、ウェイドはどのチームとも契約を結んでいない。去就は今のところ不明だが、『マイアミ・ヘラルド』紙の報道によれば、現役続行に傾いているという。

Via Twitter

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑