ブログ タイ・ローソン ウィザーズ

Published on 2月 14th, 2018 | by Tunaパスタ

0

ウィザーズがタイ・ローソン獲得を検討か

元デンバー・ナゲッツのタイ・ローソンが、中国での1シーズンを経て、NBAにカムバックするかもしれない。

ESPNのAdrian Wojnarowski記者によると、ワシントン・ウィザーズがローソンの獲得を真剣に検討しているらしく、すでに契約の交渉を開始しているとのこと。現在ウィザーズは、エースのジョン・ウォールが膝の治療で長期欠場中。さらにバックアップPGのティム・フレイジャーも鼻の骨折で離脱しているため、ポイントガードが不足している状態だ(トーマス・サトランスキーも頭部の怪我で離脱しているが、オールスターブレイク前に復帰できる見込み)。

2009年にNBAデビューしたローソンは、キャリア8シーズンで12.7得点、6.0アシストを平均。ナゲッツに在籍した2014-15シーズンには平均15.2得点、9.6アシスト(リーグ3位)を記録し、チームの1シーズン通算アシスト記録を塗り替えるなどリーグトップクラスのPGとして大活躍していたが、飲酒運転の不祥事があってナゲッツを放出されて以降はパフォーマンスが大きく低下し、移籍を繰り返すジャーニーマンとなっていた。

なぜかルーキーシーズンからスリー成功率が右肩下がりのローソン(1年目の41%から昨季はキャリアワーストの28.8%)だが、昨季キングスでのプレイを見る限り、スコアリングで苦戦していたものの、スピードがあってペネトレーションからのパスも上手く、バックアップPG(のバックアップ)としてはまだ通用しそうな印象。昨季4月11日のサンズ戦では、キャリア初のトリプルダブルを達成した。今季はNBAチームと契約せず、中国のリーグでプレイしている。

Image by GAMEFACE-PHOTOS

参考記事:「ESPN

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑