試合結果 スパーズ ホーネッツ

Published on 3月 22nd, 2016 | by Tunaパスタ

2

ホーネッツが23点ビハインドからスパーズに大逆転勝利

シャーロット・ホーネッツが現地21日、本拠地タイム・ワーナー・ケーブル・アリーナで行われたサンアントニオ・スパーズ戦で、前半の大量得点差を跳ね返して91-88で勝利。スパーズの連勝記録を6で止めた。

序盤からエアボールやターンオーバーを連発して最初のピリオドをわずか7点に抑えられ、第2Q開始直後で23点ビハインドに陥ったホーネッツだが、ここから怒涛の猛反撃を展開。第2Qを29-23でアウトスコアして15点差で試合を折り返すと、第3Qはコートニー・リーが13得点をあげる活躍をみせ、第4Q開始時点で5点差にまで追い上げる。

その後ホーネッツは、第4Q序盤にジェレミー・リンが2連続スリーを沈めて、ついにリードを獲得。そこからは1~2ゴール差を争う大接戦となるも、スパーズの1点リードで迎えた残り48秒から、リンがジャンプショットと2本のフリースロー成功で決勝点を決め、劇的な逆転勝利を飾った。

Q1 Q2 Q3 Q4
SAS 28 23 21 16 88
CHA 7 29 31 24 91

今季40勝30敗となったホーネッツは、第4Qに15得点のクラッチパフォーマンスでチームを勝利に牽引したリンが、FG成功率61%(18本中11本)でゲームハイの29得点を記録。コートニー・リーが18得点/4スティール、ニコラス・バトゥームが15得点/6リバウンドで貢献した。ESPNによると、第1Q得点で7点以下だったチームが逆転勝利するのは、2008年12月のユタ・ジャズ以来初だという。

▼リン

敗れたスパーズは、トニー・パーカーが19得点、7アシストをあげた他、ラマーカス・オルドリッジが18得点/12リバウンド、ティム・ダンカンが16得点/10リバウンドでそれぞれダブルダブルを獲得。ダニー・グリーンとボリス・ディアウはまったくリズムをつかめず、合計フィールドゴール12本中0本の2得点に終わった。

▼ザ・ボールムーブメント!!

スパーズにとって23点リードからの敗北は、1997年にダンカンがデビューして以降の19シーズンで初となる。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • くりあたま

    これはリンサニティ
    ホーネッツは2Kのマイキャリアでしょっちゅう指名されるからサンズの次に応援してますよ

    • 過去4試合のホームゲームで、カリー、ウェストブルック、CP3の3人を第4Q0得点に抑えたかと思ったら、リンにボコボコにされるとか…。まさにリンサニティ2.0ですね。

Back to Top ↑