試合結果 ウェストブルック プレシーズン

Published on 10月 21st, 2015 | by Tunaパスタ

2

ウェストブルックがプレシーズン第一号のトリプルダブル獲得

今季開幕までいよいよあと1週間にせまる中、オクラホマシティー・サンダーのスタープレーヤーたちがはやくもレギュラーシーズンモードに入っている。

現地20日に行われたユタ・ジャズ戦では、ラッセル・ウェストブルックが35分の出場で21得点、10リバウンド、10アシスト、FG成功率57%の大活躍。今季プレシーズン最初のトリプルダブルを記録した。

試合は、14-4のランでスタートしたサンダーが、1度も追いつかれることなく113-102で勝利。ジャズは最大21点ビハインドから、第4Q残り5分40秒で1ゴール差にまで詰め寄る健闘をみせるも、その後ケビン・デュラントに連続スリーを決められるなどして、再び二桁台のリードを奪われ敗北した。

デュラントはこの試合で15本中11本のFGを成功させ、ゲームハイの29得点と8リバウンドをマークしている。

サンダーは他に、サージ・イバカが16得点、5リバウンド、5ブロックと攻守で大貢献。スティーブン・アダムスが14得点/10リバウンドのダブルダブル、ディオン・ウェイターズがFG成功率67%で14得点をそれぞれ記録した。

▼スイッチでガードに対応するイバカ
(via Splash2ndcousin

一方のジャズは、ロドニー・フッドがチームハイの23得点をマーク。さらにトレイ・バークが20得点、アレック・バークスが14得点と、ガード陣が奮闘した他、フォワードのゴードン・ヘイワードは18得点を挙げている。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • Mason P

    OKC、今年はかなりいけそうですね。ただSASやGSW, LACと渡り合うにはもう少しだけベンチのブラッシュアップが必要かなぁ。

    • OKCはKD、ラス、イバカの3人さえ健康なら確実に上位に入れるチームですからね。ただおっしゃる通り、ベンチのディフェンスがやや不安でしょうか。特にカンターなんかはGSWやSASにとって格好の獲物ですし。

      あと、プレーオフに誰がスタメンSGをつとめることになるのかも気になります。ウェイターがJRスミス的な成長を遂げて、余計なことをしなくなれば面白いんですが。シーズン途中で大きなトレードも有り得そうですね。今季はKDの契約最後の年なので、全力で勝ちにくるはずです。

Back to Top ↑