Video ブレイク・グリフィン スリーポイントアリウープ

Published on 11月 25th, 2015 | by Tunaパスタ

2

ブレイク・グリフィンがスリーポイントアリウープに成功

さすがLob City(ロブシティ)と呼ばれるロサンゼルス・クリッパーズ。あらゆるタイプのアリウーププレーでファンたちを楽しませてくれる。

現地24日に行われたナゲッツ戦の第3Qでは、トップ・オブ・ザ・キーにいたブレイク・グリフィンが、ショットクロック残り1.5秒に空中でスイングパスを受け取り、そのままスリーを決めるというファインプレーを成功させた。

試合開始早々に3連続でジャンプショットを決める好スタートを切ったグリフィンだったが、そこから第3Q序盤にかけて10本連続でフィールドゴールに失敗。しかし、このミラクルショットでややリズムが戻ったのか、その後は7本中4本のFG成功で、最終的にチームハイの18得点をマークしている。

試合は、同点で迎えた第3Q残り8分30秒から4分16秒の約4分間でクリッパーズが20-7のランを展開し、リードを13点に拡大。第4Qは中盤から「ハック・ア・DJ」によりスローなゲームになるも、クリッパーズは大部分で二桁点差を保ったままナゲッツに111-94で快勝し、今季勝率を7勝7敗の5割に戻した。

グリフィンの他には、デアンドレ・ジョーダンが18得点/11リバウンド(フリースロー25本中12本)、クリス・ポールが15得点/10アシストでそれぞれダブルダブルを獲得。今季初のスタメン出場を果たしたウェズリー・ジョンソンは、4本中3本のスリーポイントを沈めて11得点を記録した。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 風車

    某バスケ漫画で空中でパスを受けてそのままシュートを決める選手がいましたが、まさか現実のバスケで見ることになるとは……

    • Mason P

      空中でパスを受けてそのままシュートってのは、ゴール下では私みたいなアマチュアでもよくやりますが、3Pラインの外からやるのは見たことありません。っていうか、あの距離であれだけ空中で安定した形で、真っ直ぐに届かせるシュートを咄嗟に打てるって、ホント信じられない。どんなに体幹しっかりしてんだろ。

Back to Top ↑