Video カイル・コーバー 決勝スリー

Published on 12月 21st, 2015 | by Tunaパスタ

0

カイル・コーバーの決勝スリーでホークス3連勝

アトランタ・ホークスのカイル・コーバーが、現地20日にアムウェイ・センターで行われたオーランド・マジック戦で今季自己最多となる6本のスリーポイントシュートを決め、チームを103-100の勝利に導いた。

前半は無得点に抑えられたこの日のコーバーだが、後半に入るとホークスのボールムーブメントからオープンショットも見つけてリズムをつかみ、7本中6本のロングレンジに成功。100-100の同点で迎えた試合残り時間43秒には、決勝ゴールとなるコーナースリーを沈めた。

コーバーのディフェンダーをヘルプポジションに引きずり込むのがホークスの戦略であるとはいえ、マジックのディフェンスはいくらなんでもコーバーから離れすぎだ。特に最後の3本では、ビクター・オラディポが無駄にオーバーヘルプしてしまい、完全オープンになっている。今季はやや不調気味のコーバーだが、さすがにこれは外さない。

Q1 Q2 Q3 Q4
ATL 25 27 25 26 103
ORL 29 13 36 22 100

この試合でホークスは、スターター全員が二桁得点を獲得。コーバーがチームハイの19得点、ポール・ミルサップが13得点、13リバウンドのダブルダブルを記録した他、ベンチ出場のマイク・スコットは17分で15得点を挙げ、勝利に貢献した。

▼ミルサップのポスタライズダンク!

敗れたマジックは、ニコラ・ブーチェビッチが20得点、11リバウンド、4アシストで大奮闘。エバン・フォーニエは17得点、4アシストをマークしている。

この日の結果により、ホークスは17勝12敗でイースト6位。マジックは15勝12敗で、プレーオフシードから0.5ゲームビハインドの9位となった。

Screenshot via YouTube/Atlanta Hawks

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑