Video テオドシッチ プレシーズン

Published on 10月 2nd, 2017 | by Tunaパスタ

2

LACのテオドシッチがプレシーズンデビュー戦で8アシスト

2017プレシーズン開幕2日目となった現地10月1日、トロント・ラプターズとロサンゼルス・クリッパーズがハワイ・ホノルルのスタン・シェリフ・センターで対戦。終盤のセカンドユニット対決を制したラプターズが、121-113でクリッパーズを破った。

この日の試合で注目を集めたのは、今季からついに活躍の場をNBAに移したセルビア代表PGでヨーロッパ屈指の司令塔、ミロス・テオドシッチのプレシーズンデビュー。テオドシッチは、ベンチから25分の出場でフィールドゴール5本すべてに失敗し、フリースロー1本での1得点のみに終わったものの、デアンドレ・ジョーダンへのノールックパスや速攻でのハーフコート・アリウープパスなど、さっそく期待通りのハイレベルなパスとコートビジョンを披露し、ゲーム最多の8アシストを記録した。

勝利したラプターズは、カイル・ラウリーがチームハイの17得点、サージ・イバカと新加入のC.J.マイルズがそれぞれ12得点を記録。スターター5選手全員が二桁得点をあげ、ベンチからはノーマン・パウエルが16得点で活躍した。

▼パウエルのパワーダンク

敗れたクリッパーズは、昨季プレーオフでのつま先の怪我から復活したブレイク・グリフィンが、ゲーム最多の18得点をマーク。新加入のメンバーも奮闘し、ダニーロ・ガリナリとルー・ウィリアムズがそれぞれ17得点、パトリック・ビバリーが14得点をあげている。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • GEORGE

    ラプターズ戦も見ましたが、クリッパーズのオフェンスの展開が随分速くなりましね。特に彼が入ると更に展開が速いですね。ただデフェンスが苦戦していたのでそこが課題点でしょうか。

    • テオドシッチの守備は思ったよりも問題になるかもしれませんね。この試合でも、チェックインしてから最初の守備ポゼッションでフラフラしてしまい、なぜか味方にスクリーンをかけられてラウリーにオープンスリーを許してしう場面がありました笑 ただパスは本当に見事で、鳥肌が立ちました。

      クリッパーズは怪我さえなければ面白いチームになりそうですね。ガードのローテーションをどうするのか気になりますが…。

Back to Top ↑