ブログ キャブス ペイサーズ 第3戦

Published on 4月 22nd, 2017 | by Tunaパスタ

0

【CLE-IND第3戦】キャブスが26点差から大逆転勝利、シリーズに王手

現地20日にバンカーズ・ライフ・フィールドハウスで行われたクリーブランド・キャバリアーズ対インディアナ・ペイサーズの第1ラウンド第3戦は、レブロン・ジェイムスが41得点、13リバウンド、12アシストでトリプルダブルを記録する圧巻のパフォーマンスで、チームを歴史的な大逆転勝利に牽引。キャブスはシリーズを3勝0敗とし、カンファレンス・セミファイナル進出に王手をかけた。

前半はペイサーズに56.8%の高確率でフィールドゴールを決められ、第2Q終盤で最大26点ビハインドに陥ったこの日のキャブスだが、折り返し地点から一気にギアを上げて怒涛の猛反撃を展開する。

▼前半26点差からのカムバック

キャブスは、第3Qだけで13本中7本のスリーを沈めてピリオドを35-17で上回り、7点差まで追い上げると、第4Qに入ってからも点差をじわじわと縮め続け、残り時間6分30秒にレブロンのダンクでついに逆転に成功。

そこから試合は、両チームともロングレンジを連続で決めてリードを奪い合う大接戦となるが、キャブスは1点リードで迎えたラスト3分間を11-7でクローズし、119-114での勝利を収めた。ESPNによると、この日のキャブスが達成したカムバックは、プレーオフ史上でハーフにおける最大点差からの逆転勝利となる。

Q1 Q2 Q3 Q4
CLE 27 22 35 35 119
IND 37 37 17 23 114

キャブスはレブロンのトリプルダブルの他、ケビン・ラブ、カイリー・アービング、J.R.スミス、チャニング・フライの4選手がそれぞれ13得点をマーク。カイル・コーバーが12得点を獲得している。

やはりレブロンをシューターで囲むラインアップは破壊力が抜群。第4Qはアービングとラブがベンチに下がったままだったが、それでもペイサーズとの点の取り合いに競り勝った。

これで0勝3敗の崖っぷちに立たされたペイサーズは、ポール・ジョージが36得点、15リバウンド、9アシストで活躍。シリーズ第4戦は現地23日に引き続きインディアナで行われる。

▼マイルズ・ターナーのポスタライズダンク

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑