ブログ プレーヤーズ・オブ・ザ・マンス 2015-16 11月

Published on 12月 5th, 2015 | by Tunaパスタ

0

ステファン・カリーとポール・ジョージが11月のプレーヤーズ・オブ・ザ・マンス

インディアナ・ペイサーズのポール・ジョージとゴールデンステイト・ウォリアーズのステファン・カリーが、2015-16シーズン10月~11月のプレーヤーズ・オブ・ザ・マンス(月間最優秀選手)に選出された。それぞれキャリア通算でジョージが2度目、カリーが3度目の受賞となる。

ジョージは10月と11月に行われた16試合で27.2得点、8.1リバウンド、4.4アシストを平均。スリーポイント成功率は、112本中51本の45.5%だ。3連敗でシーズンをスタートしたペイサーズだが、ジョージの大活躍により11月の13試合で11勝をあげ、12月4日の時点での成績をイースト3位の12勝6敗としている。

11月24日のウィザーズ戦では、8本中7本のスリーを沈めてシーズンハイの40得点を記録。今季はすでに6試合で30得点以上を獲得しており、11月4日から12月2日にかけて13試合連続で20得点以上を挙げた(キャリア最長)。

▼PG40得点

「ジョージは最初の3試合で素晴らしいプレーができなかった。そこで我々は彼を正しく起用する方法を見つけ出そうとした。スモールラインアップでどのように使うべきか、ビッグラインアップではどうするべきか。ちょうどいいバランスを見つけることができたと思う」
– フランク・ボーゲルHC

今季ペイサーズの「100ポゼッションあたりの得失点差」をみると、ジョージがフロアにいる時間帯は+9.5点を記録しているが、反対にジョージがベンチにいる時間帯は-5.5点に転落している。

何が凄いって、シーズンほぼ全休の悲惨な骨折を経験したにもかかわらず、その翌年に完全復活を遂げるだけでなく、怪我前の自分を遥かに上回っているところだ。これほど見事なカムバックはあまり記憶にない。

 P.ジョージ 2013-14 2015-16
得点 21.7 26.5
アシスト 3.5 4.3
リバウンド 6.8 8.2
FG% 42.4% 44.4%
3P% 36.2% 43.1%

カリーは、同時期の19試合でリーグ首位の平均31.6得点、6.0アシスト、5.2リバウンドを記録。ウォリアーズを開幕19連勝へと導いた。

10月31日のペリカンズ戦でマークした今季リーグ最多の53得点を含め、シーズン20試合中6試合で40得点以上を獲得。スリー成功数はすでに102本に到達している。

▼カリー、53得点

今季のカリーは歴代屈指レベルの好シーズンを送っている。シューティングパフォーマンスはFG成功率52.4%、3P成功率45.9%、フリースロー成功率94.3%で、史上6選手しか達成していない「50–40–90」(1シーズンを通してFG50%/3P40%/FT90%以上)の仲間入りを果たしそうな勢いだ。

カリーが恐ろしいのは、外のシューティングだけじゃないところ。リストリクテッドエリア(ゴール下1.22m以内)のFG成功率では、スラッシャーとして知られるトニー・パーカー(60.8%)やジェイムス・ハーデン(59.6%)、さらには1流ビッグのブレイク・グリフィン(67.7%)やアンソニー・デイビス(68.1%)を上回る68.8%を記録している。さすがにこれはズルい。

カリー 2015-16 10-11月ショットチャート

またカリーは、今季20試合中6試合で第4Qをプレーしていないため、平均出場時間は34.4分にとどまっている。にもかかわらず、平均得点がリーグ1位の32.0得点。これは異常事態だ。Basketball Referenceのデータによると、そもそもシーズン平均出場時間35分以下で平均30得点以上を記録した選手は、今季のカリーを除いて過去に1人もいない。

▼ステフ、オフェンスハイライト

シュートアテンプト数が大幅に増加したことで、アシスト数は過去2シーズンよりも下がっているが、スティールとリバウンドではキャリアハイを平均している。

参考記事:「NBA

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑