ブログ ドレイモンド・グリーン トリプルダブル

Published on 2月 11th, 2017 | by Tunaパスタ

3

ドレイモンド・グリーンが超レアなトリプルダブル達成

ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが、得点を含まないリバウンド/アシスト/スティールによる極めてレアなトリプルダブルを獲得した。

グリーンは現地10日のメンフィス・グリズリーズ戦で4得点、12リバウンド、10アシスト、10スティールをマーク。Elias Sportsによると、1試合で10リバウンド/10アシスト/10スティールが記録されたのは、1986年スパーズのアルビン・ロバートソン以来で、NBA史上で2回目だという(ロバートソンは+20得点でクアドラプルダブル)。

また10スティールはウォリアーズの球団最多記録で、リーグ全体では2009年1月のブランドン・ロイ以来初となる。

さらにグリーンは同試合で5ブロックを獲得し、あと1得点で5×5を達成できていた。スティールとブロックが正式なスタッツとなった1973-74シーズン以降で、10スティール/5ブロック以上が記録されたのは今回が初めてだ。いろいろと凄すぎてうまく飲み込めないが、グリーンの今季DPOY受賞に向けて大きく後押しするようなとにかく歴史的なパフォーマンスだった。

なおウォリアーズは、グリーンがトリプルダブルを記録した試合で、これまでに1度も敗北していない(18勝0敗)。

この日のウォリアーズは、グリーンの他に、クレイ・トンプソンが36得点、ケビン・デュラントが24得点、アンドレ・イグダーラが22得点を記録。試合を通して1度もグリズリーズにリードを許すことなく、122-107で快勝して過去2試合のリベンジを果たした。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • YusukeIndia

    upありがとうございます!

    今さらながらですがグリーンって凄いですよね!!
    得点4点でTDなんて前代未聞!特に10スティール!? ジョーダンでも経験あるのかな? ってくらいの凄いことですよね!
    そしてこの試合で得失点差がプラス27とか。 今日はスタッツで目立っちゃいましたが、普段からスタッツ以上の働きをしてるんでしょうね! そらウォリアーズは強くて当然ですね…

    ちょっとスレ違いですが、明日のKDの凱旋試合、めっちゃ楽しみです! けどオクラホマ民はやっぱブーイングですかね…(>_<)

  • ぶー

    めちゃくちゃすごいスタッツなのに、5×5もクアドラプルダブルも逃すんかーい!と、思わずつっこんでしまいました笑

    そこがグリーンらしいというか、カリー・トンプソン・デュラントが共存できるのも彼の得点に執着しないプレイスタイルあってこそだと思うのですがいかがでしょう?笑

  • PANTA

    あと1点でTD&5×5、もしかしたらクアドラプルも獲れる能力を見せつけてくれましたね。そのアンセルフィッシュさがドレイモンドらしいというか、、、笑
    今回の変則TDはドレイモンドの守備力の高さをより印象付けたと思います。これはDPOY待ったなし

Back to Top ↑