ブログ ジミー・バトラー 30得点

Published on 12月 5th, 2017 | by Tunaパスタ

0

ジミー・バトラーが第4Qをテイクオーバー、移籍後初の30得点超え

現地3日にターゲットセンターで行われたミネソタ・ティンバーウルブズ対ロサンゼルス・クリッパーズ戦は、ジミー・バトラーが正念場でついに“バトラー”らしさを発揮。ウルブズに移籍してから初となる30得点ゲームを達成して、チームを勝利に導いた。

この日の試合は、ブレイク・グリフィンをはじめとする主力陣が離脱中のクリッパーズが敵地で大健闘を見せ、第4Q残り8分で3点リードを奪取。対するウルブズは、そこからバトラーがチーム24得点中20得点を獲得するクラッチパフォーマンスで試合をテイクオーバーする。

ゲームハイの33得点を獲得したバトラーは試合後、チームのパフォーマンスについて、「悲しいことだが、勝利できたのは、たまたま彼らをアウトスコアできたから。ディフェンスではやるべきことができていなかった。勝ちは勝ちだが、次はまともなディフェンスができるといいね」と反省のコメント。

今季ウルブズは、ディフェンシブ・レーティングでリーグ23位と、トム・シボドーHC指揮下にバトラーとタージ・ギブソンを加えたにもかかわらず、昨季から守備がまったく改善していない。特に守備でのミスコミュニケーションが目立ち、この日の試合でも、カール・アンソニー・タウンズが誰をガードすべきかわからずにペイントエリアをうろうろしてしまい、クリッパーズにイージーな得点を許してしまうシーンが何度かあった。

敗れたクリッパーズは、オースティン・リバースがシーズンハイの30得点、5リバウンド、5アシストで大奮闘した。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑