ブログ スパーズ 20シーズン連続

Published on 3月 5th, 2017 | by Tunaパスタ

4

スパーズが20シーズン連続でのプレーオフ進出確定

サンアントニオ・スパーズが現地4日、本拠地AT&Tセンターで延長戦の末にミネソタ・ティンバーウルブズを撃破し、シーズン成績を48勝13敗に更新。今季21試合を残した時点でウェスト9位のポートランド・トレイルブレイザーズに22ゲーム差をつけ、ティム・ダンカンがデビューした1997-98から20シーズン連続でのプレーオフ進出を決めた。

同じくOTに及んだ前日のニューオリンズ・ペリカンズ戦からの疲れもあったのか。この日のスパーズは立ち上がりが非常に悪く、第2Q残り1分で16点ビハインドに陥ってしまうが、後半に入ってから守備を引き締めて反撃を開始。第3Q序盤でさっそく点差を一桁に戻すと、そこからもウルブズの得点を最小限に抑えながらじわじわと追い上げ、第4Q残り2分45秒でついに逆転に成功する。カワイ・レナードは第4Qにピリオド14得点のクラッチパフォーマンスでチームを引っ張った。

▼フックショットでこの日初のリード

そこから1ゴールを争う大接戦の後、スパーズが同点で迎えたラストポゼッションでブザービーターに失敗し、試合はオーバータイムに突入。OTでは、レナードとパウ・ガソルが開始から11連続得点をあげると同時に、ラスト2分30秒間でウルブズを無得点に抑えて主導権を握り、97-90で2夜連続の延長戦に勝利した。

▼レナードは今季22回目の30得点+

スパーズは、レナードが34得点、10リバウンド、6スティール、5アシスト、1ターンオーバー、1ファウルをマーク。レナードはキャリア通算で664ファウルに対して678スティールを記録しており、ファウル数よりもスティール数が多い数少ない歴代選手のうちの一人となっている。レナードの他は、ラマーカス・オルドリッジが18得点/10リバウンド、パウ・ガソルが17得点で活躍した。

前半に16点差を奪いながらもリードを守りきれなかったウルブズは、リッキー・ルビオが11得点、13リバウンド、10アシストでキャリア5度目のトリプルダブルを獲得。カール・アンソニー・タウンズが24得点、14リバウンドのダブルダブルをあげている。

▼ルビオのTD

これでウルブズは今季成績が25勝37敗。現在ウェスト12位だが、8位のデンバー・ナゲッツから3ゲーム差と、まだまだプレーオフ進出の希望は残されている。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • しょー

    ガソルはベンチスタートになってから効果的な活躍をしてますね!ベンチからリーとガソルが出てくるってバランスいいのかもしれないです。オルドリッジとデッドモンみたいにロングレンジが得意な選手とハッスルプレイヤーみたいな!グリーン、パーカー、ミルズ、マヌ、シモンズのガード陣が安定してくるとレナードの負担は軽くなるでしょうね。

    • ガソルのベンチ起用は大当たりですね!確かにオルドリッジとガソルはピック&ポップがメインなので、2人を合わせるよりも、スクリーンからのダイブが得意なデッドモンとリーを混ぜる方がバランスがいいのかもです。守備面でもガソルとオルドリッジのコンビは少しスローですからね。デッドモンもそうですが、リーのディフェンスが予想以上に素晴らしいので嬉しいです。

  • YusukeIndia

    スパーズ。今さらながらに本当に凄いチームですね…
    20年連続ですか! ダンカンの加入とポポさんの手腕が大きかったのは当然としても、この変遷の激しいNBAにおいてこの記録はちょっと信じ難いですね…

    ちょっと連戦でお疲れモードにも見えますが、最後に勝ち切るあたりも本当に凄い。 tunaさんにスパーズの強さを分析してもらいたいですね〜(^ ^)

    • ダンカンがいなくなった最初の年にここまで好成績を収めるとは思いませんでした。レナードの成長が想像を遥かに上回ってくれています。26得点を平均できる選手になるなんて、2年前は夢にも思いませんでした。

Back to Top ↑