ブログ %e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%ba-%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%ba-%e9%96%8b%e5%b9%95%e6%88%a6

Published on 10月 27th, 2016 | by Tunaパスタ

15

スパーズが敵地でウォリアーズを撃破、レナードはキャリア最多の35得点

ケビン・デュラントの新ホーム公式戦デビューとなった現地25日のゴールデンステイト・ウォリアーズ対サンアントニオ・スパーズの一戦は、スパーズが129-100の大差で圧勝するという予想外の結果に終わった。

まさかそうきたか…。ダニー・グリーンが怪我で離脱中ということもあり、どうせウォリアーズのブローアウト勝ちになるだろうと悲観的に思っていたが、蓋を開けてみればまさにその逆だ。

立ち上がりこそはやや押され気味だったスパーズだが、第1Q終盤のセカンドユニット投入で一気にペースを掴む。マヌ・ジノビリ、パティ・ミルズ、ジョナサン・シモンズが続けてアウトサイドショットを沈め、二桁点差を獲得すると、第2Qはカワイ・レナードがオフェンスを引っ張ってリードをキープ。さらにシモンズが、前半終了のブザーと同時にスリーを決め、点差を18点に広げて試合を折り返した。

▼ブザービーター

ウォリアーズは後半開始から12-4のランを展開して巻き返しを図るも、スパーズはステファン・カリーがリズムに乗りそうになると必ずタイムアウトを取るなどして、相手の流れを断ち切りつつ、点を取り返してきっちりと応戦。主導権を手放すことなく終盤まで持ちこむと、第3Qラスト1分からはレナードが8連続得点を決めて、第4Q開始までにリードを20点に拡大し、早々と勝負を決めた。

▼スティールから豪快にダンク

https://twitter.com/spurs/status/791132444233764864

Q1 Q2 Q3 Q4
SAS 31 33 33 32 129
GSW 20 26 31 23 100

スパーズは、レナードがキャリアハイの35得点、5リバウンド、5スティールと大活躍。先週にトレードの可能性を噂されていたラマーカス・オルドリッジは、26得点、14リバウンドのダブルダブルで存在感を見せつけた。

▼レナード、キャリアハイ35得点

開幕戦が終わったばかりで、まだ少し気が早いかもしれないが、レナードは昨季よりもさらにレベルアップしているように思える。持ち前の守備力やミドルレンジ・ジャンプショットに加え、ボールハンドリングがよりタイトになり、ピック&ロールからのポケットパスといったプレーメイキングも非常に良かった。

またプレー中のちょっとしたジェスチャーからも、エースとしての絶対的な自信がうかがえた印象だ。

▼貫禄がでてきたかも

グレッグ・ポポビッチHCは試合後、レナードのプレーについて、「これまで以上に自信にあふれ、アグレッシブでハングリーになった」とコメント。もしシーズンを通してこれに近いレベルのパフォーマンスを維持し、スパーズが2位シードに食い込めれば、マイケル・ジョーダン、アキーム・オラジュワン以来となるMVPとDPOYの二冠も夢じゃないかもしれない。

ジョナサン・シモンズ

今日イチのサプライズは、スパーズの圧勝やレナードのキャリアハイよりも、シモンズの好パフォーマンスだろう。

昨季後半はローテーションからほぼ外れていたシモンズだが、この日は28分の出場で3本のスリーを含む14本中8本のFGを成功させ、同じくキャリア最多の20得点、3アシストを記録。守備面でも、スパーズのオールスイッチ戦略にちゃんと順応したり、トランジションでカリーのレイアップを背後からブロックしたりと大活躍だった。

そして極めつけに、第4Q最後のポゼッションで、ジャベール・マギーを豪快にポスタライズ。ポポビッチHCもシモンズを信頼しているようで、第2Q終盤の大事な時間帯にも、パウ・ガソルの代わりにフロアに置いた。

他にも、ミルズが11得点/5アシスト、ジノビリが10得点/5リバウンドで、セカンドユニットが勝利に大貢献している。

この日のスパーズは、リバウンド数で55-35、セカンドチャンス得点で26-4、ベンチ得点で54-16とウォリアーズを圧倒。一つ不安要素があるとすれば、それはパウ・ガソルの守備で、特にピック&ロールへの対応が遅く、オープンショットを与えてしまうような場面が目立った。昨季のティム・ダンカン同様、この先のウォリアーズとの対戦では、ガソルの出場時間が制限されるかもしれない。

▼ベンチ対決

surs-bench

敗れたウォリアーズは、ケビン・デュラントが27得点/10リバウンド、ステファン・カリーが26得点、ドレイモンド・グリーンが18得点/12リバウンド/6アシストで奮闘。この3人以外は誰もステップアップできず、クレイ・トンプソンは3P成功率17%の11得点、ショーン・リビングストンとアンドレ・イグダーラはそれぞれ2得点に終わった。

オフェンス自体はそれほど悪くなかった。ボールは回っていたし、オープンショットも打てていた。問題はディフェンスとリバウンドだ。

トランジションではスパーズに走り負け、ハーフコートでもレーンを好き放題に攻められていた印象。さらに21オフェンスリバウンドを奪われている。アンドリュー・ボガットやフェスタス・エジーリ移籍の影響は、思ったよりも大きいのかもしれない。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ゆうき

    うひょー(。>д<)最高の開幕戦でしたねーレナードの3Q終了間際の1on1は獣みたいでかっこよかったですよ。今年はRSは流してもいいからPOでこの感じでいってもらえたらいいですね(*≧∀≦*)ただダンガンはいないんですよねーそれだけが唯一寂しかったです(T-T)

    • 最高にテンション上がりました!レナードはまた一皮むけた印象ですね。ボールを持って次のプレーをコールする姿が、まさにリーダーっぽくてすごく良かったです。

      ダンカンは…。何もしなくていいので、ベンチに座っていてほしいです。コービーのいないレイカーズ、ダンカンのいないスパーズ、KDのいないサンダー、ローズのいないブルズ、ウェイドのいないヒートと、今季はまだ違和感が拭えません。

  • 名無し

    レナードもついに開花しましたか!まぁ、おっしゃる通りまだ1試合目ですが、大黒柱ダンカンの引退でいっそうエースとしての自覚が芽生えたように見えますね。毎シーズンはっきりと成長してるのがわかるレナードを見るのは本当に楽しいですね。

    • アグレッシブなレナードは最高ですね。オフェンス面での負担が増えたことで、昨季までの守備レベルを維持するのは大変でしょうが、頑張ってほしいです。

  • お茶

    ウォリアーズはリバウンドがとにかく悪かったですね
    レナードのシュートが入らなかった時間帯がありましたが、そのときにはオフェンスリバウンドをことごとく取られていました、ディフェンスも去年に比べて弱かったですね
    カリーとデュラントがオフェンスでは機能していただけにディフェンスの問題は早急に解決したい課題ですね
    スパーズはオルドリッチがグリーンとのマッチアップやリバウンドで勝利していましたし、レナードの成長もさらに期待できそう
    ガソルが本調子といえないなかでダンカン不在を感じさせないいい試合でしたね

    • 確かにGSWはリバウンドが大きな課題になりそうですね。この試合でも、スパーズの4人が守備に戻って、オルドリッジ1人対ウォリアーズ3人のリバウンド争いみたいな状況でも、オルドリッジがオフェンスリバウンドをもぎ取るような場面がありました。どれだけいい守備をしても、リバウンドが取れないと台無しですからね。

      この試合では、レナードがドライブでレーンをガンガン攻めまくっていたのがスパーズのオフェンスリバウンドにつながった部分も大きいと思います。昨季のウォリアーズなら、ウィング選手にあそこまでペイントエリアを荒らされることはあまりなかったのですが…。

  • pupi

    この一勝はNBA全体に希望をくれたわ…
    レナードはなんだろう…レブロン級に支配的だった
    超絶大人しいキャラも変わるんだろうか?いやないな。
    GSWはちょっと戦力的に尖り過ぎたか…?

    • レナードは素晴らしかったですね。第3Q終盤でのスティールやジャンプショットが最高でした。
      もしかすると少しずつキャラが変わってくるかもしれませんよ。シモンズが最後にダンクを決めた時も、ベンチで一番エキサイトしていました笑 さすがにトラッシュトーカーになったりすることはないと思いますが…。

  • YusukeIndia

    いやー 管理人さんご無沙汰ですー(^ ^)
    始まりましたね! また今シーズンもよろしくお願いします!

    イキナリの結果にビックリですね!
    ウォリアーズとスパーズは今オフで差がついたなんて言われてましたが全然ですね!
    やっぱスパーズはチームとして強かった!

    これからも記事のup期待してまーす!!

    • ついに開幕しましたね。こちらこそよろしくです!

      今回の試合はたまたまだと思います。スパーズはレナードの成長やベンチの充実は確かですが、あれだけシュートを決めまくるのは珍しいですし、一方でウォリアーズがあれだけオープンショットをミスすることも今後はなさそうです。

      次の対戦が楽しみですね。

  • PANTA

    プレシーズンの出来に意気揚々と観戦してみれば、、、完敗です。
    レナードもですが、シモンズはインパクトがありましたね。
    GSWは今更ですがボガットの頼もしさを思い知りました。昨季プレイオフの二の舞にならないようにザザにも頑張ってもらいたいです。
    あとは以前のようなベンチユニットの活躍がみられないのが心配です。
    まだまだ噛み合うまでに時間がかかるとは思いますが、次のスパーズ戦は3月なので、そこでリベンジです。

    • ウォリアーズがホーム惨敗でスタートするとは、全く想像できなかったです。昨季は4月までホーム無敗でしたからね。やはり油断というか、どこかプレシーズン気分が抜けきっていない部分もあったのでしょうか。KDも試合後に、「(敗戦は)目覚しコールになった」とか言っていましたし。

      確かにベンチは少し不安要素かもですね。フロントコートもそうですが、バックコートもバルボサのようなベテランの存在は大きかったのかなと感じます。

      ただタレント的には歴代最強レベルなのは間違いないので、リーグを席巻するのも時間の問題だと思います。3月の再戦が楽しみですね。

  • 36s

    ベンチのスタッツやばい!!
    シモンズが開花したっぽいのはチームにとってかなり+ですね。
    伸び悩んでるあの人もさっさと台頭してほしいな^^

  • M

    GSWの弱点”センターの弱さ”がいきなり露呈

    ボーガットの抜けた穴は相当大きかったですね。ザザ・パチュリアもデビッド・ウエストも、スピードがなく、ボーガット程のリムプロテクションの力がないので、ゴール付近でほぼ負け状態。相手にOffenceリバンドを21も与える結果に。また相手チームがピックアンドロールしてきた場面もスピードがないので、スイッチしても付けない。ここをSpursがついてきた。 
    Greenにセンターをやらせ一時は追いつく場面もありましたが、30分もGreenにセンターをやらせるわけにはいかず。またオールドリッジにグイグイ押し込まれる場面も。
    ただ1戦目に課題が出来たわけで、この弱点をどうのように乗り切るかを見つけるかが今後の課題だと考えてます。新人を鍛えるには時間がないので、CutされたDefensiveで機動力のあるセンターを探した方が無難かと思います。 できればPre-seasonの試し時にこの点をどんどん試すべきたっだとも思ってます。
    SpursはInsideもOut sideも完璧、更にベンチ陣が厚みをましているので、昨年のGSWが破った勝利数を越える可能性も。ただ、あくまでもポポビッチの標準はPost Seasonなばず。今後、シモンズをどの時間帯で使いつづけるかが見ものです。

  • ぽっぽ

    シモンズの台頭にレナードが覚醒してること、後はダンカンの穴もガソルでほぼ埋まりました。
    地味に待望だったフィジカルなビッグマンもデッドモンがとれてます。
    これは今年真面目にリング狙える位置にいるんじゃないですかSAS。

    レナードは本当に毎シーズン上手くなりますね。自分が見てたNBA選手の中ではこんなに異様な伸び方したのはレナードだけです。まさかここまでOF能力が伸びるとは・・・

Back to Top ↑