ブログ 2015年3月 プレーヤーズ・オブ・ザ・マンス

Published on 4月 4th, 2015 | by Tunaパスタ

0

ウェストブルックとレブロンが2ヵ月連続で「プレーヤーズ・オブ・ザ・マンス」受賞

現地3日、2015年3月のNBA月間最優秀選手(プレーヤーズ・オブ・ザ・マンス)が発表され、2月に引き続きイーストはクリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムス、ウェストはオクラホマシティー・サンダーのラッセル・ウェストブルックがそれぞれ受賞した。

キャリア通算で29回目の同賞獲得となったレブロンは、3月に出場した15試合で24.7得点(イースト1位)、7.3アシスト(イースト4位)、6.7リバウンド、1.7スティールを平均。22日のバックス戦では28得点、10リバウン、6アシスト、5スティールを記録するなど、1ヵ月を通して安定したオールラウンドパフォーマンスをみせ、キャブスを月間11勝4敗に導いた。

▼22日バックス戦ハイライト

またレブロンは3月3日のセルティックス戦でキャリア通算2万4506点目を獲得し、NBAのトップスコアリングリストでレイ・アレン超えを達成(21位)。さらに4月2日のヒート戦ではパトリック・ユーイングを追い抜き、わずか30歳にして歴代トップ20入りを果たした。

▼歴代通算得点16位~20位

プレーヤー 通算得点
16 ティム・ダンカン 25867
17 アレックス・イングリッシュ 25613
18 レジー・ミラー 25279
19 ジェリー・ウェスト 25192
20 レブロン・ジェイムス 24837

ウェストブルックがプレーヤーズ・オブ・ザ・マンスに輝くのは、2ヵ月連続にしてキャリア通算2度目。3月の15試合ではリーグ1位の30.9得点、リーグ2位の10.2アシストと2.5リバウンド、8.5リバウンドを記録し、デュラントとイバカ不在のサンダーを10勝5敗に牽引した。この間に4つのトリプルダブルを獲得しており、その内の1つではキャリアハイの49得点を挙げている。

▼3月4日、キャリアハイのトリプルダブル

最低10試合をプレーした1ヵ月のスパンで30得点/10アシスト以上を平均した選手は、過去40年間でウェストブルックとレブロン(2010年2月)の2人のみ。ウェストブルックは2ヵ月連続でこれを達成した。

ルーキーズ・オブ・ザ・マンス

3月のルーキー・オブ・ザ・マンスも同日に発表され、イーストはブルズの二コラ・ミロティッチが20.8得点(ルーキー1位)、7.6リバウンド(ルーキー2位)、1.2ブロックを平均して2度目の受賞。ウェストは、15.8得点、5.2アシスト、4.8リバウンドを記録したレイカーズのジョーダン・クラークソンが選出された。今季ウェストでウルブズのアンドリュー・ウィギンス以外が月間ルーキー賞に輝くのは初となる。

ソース:「@NBA/Twitter

Tags: , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑