プレイオフ プレーオフ2015 第2ラウンドスケジュール

Published on 5月 4th, 2015 | by Tunaパスタ

6

NBAプレーオフ2015 第2ラウンドの組み合わせとスケジュール

8シリーズ中5シリーズが第7戦に突入した昨季に比べて、ちょっと物足りない感があった今年のプレーオフ第1ラウンド。だが第2ラウンドからは競争がさらに激化して、いよいよ試合が楽しくなってくる。

ちなみに今年は、21世紀に入ってから初めてレイカーズ、スパーズ、マブス、サンダー以外のチームがウェスト代表の座を手にすることが確定した。

以下は第2ラウンドのマッチアップとスケジュール。

※メモ: 以下の日程はすべて現地時間


East


ホークス(1)-ウィザーズ(5)
日程 ホームコート
第1戦 5/3 アトランタ
第2戦 5/5 アトランタ
第3戦 5/9 ワシントン
第4戦 5/11 ワシントン
第5戦※ 5/13 アトランタ
第6戦※ 5/15 ワシントン
第7戦※ 5/18 アトランタ
ホークス
  • シーズン成績: 60勝22敗
  • 第1ラウンド: 4勝2敗(vs.ネッツ)
  • PO得点リーダー: デマーレ・キャロル(17.5得点)
ウィザーズ
  • シーズン成績: 46勝36敗
  • 第1ラウンド: 4勝0敗(vs.ラプターズ)
  • PO得点リーダー: ブラッドリー・ビール(20.8得点)
レギュラーシーズン直接対決
  • ホークス3勝 – ウィザーズ1勝
  • 合計得点(4試合):ホークス(430点) – ウィザーズ(395点)

8位シードのネッツに予想以上の苦戦を強いられたホークスと、ラプターズ相手にまさかのスイープで勝ち上がったウィザーズ。レギュラーシーズン直接対戦成績をみると圧倒的にホークス有利だが、ウィザーズは第1ラウンドでようやくオフェンスのリズムを掴んできた印象がある。とはいえ、ホークスは極めてディフェンスが優秀なチーム。ゆるゆるのラプターズと同じようにはいかないはず。

ホークスもオールスター以降はやや安定感に欠けているものの、それでも波に乗ればとんでもなく強いので、ウィザーズ相手に4試合を落とすとは思えない。接戦にはなりそうだが、4勝2敗あたりでホークスがWC決勝に進みそう。

キャブス(2)-ブルズ(3)
日程 ホームコート
第1戦 5/4 クリーブランド
第2戦 5/6 クリーブランド
第3戦 5/8 シカゴ
第4戦 5/10 シカゴ
第5戦※ 5/12 クリーブランド
第6戦※ 5/14 シカゴ
第7戦※ 5/17 クリーブランド
キャブス
  • シーズン成績: 53勝29敗
  • 第1ラウンド: 4勝0敗(vs.セルティックス)
  • PO得点リーダー: レブロン・ジェイムス(27得点)
ブルズ
  • シーズン成績: 50勝32敗
  • 第1ラウンド: 4勝2敗(vs.バックス)
  • PO得点リーダー: ジミー・バトラー(24.8得点)
シーズン直接対決
  • キャブス3勝 – ブルズ1勝
  • 合計得点(4試合):キャブス(419点) – ブルズ(409点)

ケビン・ラブの戦線離脱により、どんなシリーズになるのかまったくわからなくなった。さらにキャブスは最初のホーム2試合をJ.R.スミス抜きで戦わなければならない。ブルズにとっては、絶対に必要な敵地での1勝を挙げる最大のチャンスだ。

キャブスがどのラインアップでシリーズに臨むのかが大きなカギとなる。モズゴフとトンプソンのビッグマンコンビをスターター起用すれば、ディフェンスやリバウンド面で頼もしい。だがシューターが一人減ることで本来のスペーシングを保てなくなり、最大の武器であるスプレッド・ピック&ロールの威力が薄れてしまう。特にペイントエリアを固めてレーン潰しを得意とするブルズディフェンスが相手ならなおさらだ。

それならレブロンをPFに置くスモール・ラインアップが好ましいが、問題は2試合でスミスがいないこと。代わりにミラー、マリオン、ジョーンズの誰かがステップアップできるかどうか、もしくはアービング/デラベドバの時間を増やすかだが、どちらもあまり理想的なオプションとは言えない。

また、アービングとローズがどのようにマッチアップするのかも見どころだ。


West


ウォリアーズ(1)-グリズリーズ(5)
日程 ホームコート
第1戦 5/3 ゴールデンステイト
第2戦 5/5 ゴールデンステイト
第3戦 5/9 メンフィス
第4戦 5/11 メンフィス
第5戦※ 5/13 ゴールデンステイト
第6戦※ 5/15 メンフィス
第7戦※ 5/17 ゴールデンステイト
ウォリアーズ
  • シーズン成績: 67勝15敗
  • 第1ラウンド: 4勝0敗(vs.ペリカンズ)
  • PO得点リーダー: ステファン・カリー(33.8得点)
グリズリーズ
  • シーズン成績: 55勝27敗
  • 第1ラウンド: 4勝1敗(vs.ブレイザーズ)
  • PO得点リーダー: マーク・ガソル(20.4得点)
シーズン直接対決
  • ウォリアーズ2勝 – グリズリーズ1勝
  • 合計得点(3試合):ウォリアーズ(316点) – グリズリーズ(296点)

第1ラウンドで顔面を骨折したマイク・コンリーがいつ戻ってこられるのか。すべてはそこにかかっている。シリーズ序盤に復帰できればグリズリーズにも善戦するチャンスはあるが、もし一週間以上、あるいは全休ということになれば、ウォリアーズのスイープに終わる可能性も十分高い。

どんな結果になるにせよ、ザック・ランドルフとドレイモンド・グリーンの激しいフィジカル&トラッシュトークバトルは楽しみ。

ロケッツ(2)-クリッパーズ(3)
日程 ホームコート
第1戦 5/4 ヒューストン
第2戦 5/6 ヒューストン
第3戦 5/8 ロサンゼルス
第4戦 5/10 ロサンゼルス
第5戦※ 5/12 ヒューストン
第6戦※ 5/14 ロサンゼルス
第7戦※ 5/17 ヒューストン
ロケッツ
  • シーズン成績: 56勝26敗
  • 第1ラウンド: 4勝1敗(vs.マブス)
  • PO得点リーダー: ジェイムス・ハーデン(28.4得点)
クリッパーズ
  • シーズン成績: 56勝26敗
  • 第1ラウンド: 4勝3敗(vs.スパーズ)
  • PO得点リーダー: ブレイク・グリフィン(24.1得点)
シーズン直接対決
  • ロケッツ2勝 – クリッパーズ2勝
  • 合計得点(4試合):ロケッツ(390点) – クリッパーズ(415点)

スパーズとのシリーズ第7戦でハムストリングを負傷したクリス・ポールについて、ドック・リバースHCは「第2ラウンド初戦を欠場する可能性がある」との見方を示した。クリッパーズの不安要素はそこだけだ。7試合のシリーズで昨季王者のスパーズを破ったチームがロケッツに負けるわけがない。ハイ・ピック&ロールを軸にしたオフェンスは、あまりにも圧倒的だった。

そう思いたいところだが、今季のロケッツはサプライズだらけだったので、もしかするとこのシリーズでも…。ハーデンをガードできる選手はクリッパーズに存在しないし、ドワイト・ハワードもプレーオフに入ってから昨年同様ギアを上げてきた。

またクリッパーズは、スパーズとの第7戦にわたる死闘で疲労が溜まっているのも事実な上、ロケッツはホームコート・アドバンテージを持っている。でもスパーズを負かしやがったチームには、最低でもカンファレンス・ファイナルまで進んでほしい。

ソース:「ESPN

Tags: , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • DW

    今回も面白い記事でした。
    私もスパーズを応援していた上、ロケッツというフランチャイズがあまり好きではないので、クリッパーズには何としても勝ち上がって欲しいです。
    あとはCLEとCHIのマッチアップが楽しみです!アービングがローズから点を奪いまくる姿が見たいです。
    ウィザーズは勝ち上がるのは難しいかもしれませんが、ウォール、ビール、ゴータットが好きなので第一ラウンドの勢いでなんとかならないかと期待してしまいます。
    EC決勝はキャブスとウィザーズ、WC決勝はウォリアーズとクリッパーズが理想です!

    • ありがとうございます!
      CLEとCHIはラブの離脱が凄く残念ですが、白熱したいいシリーズになりそうですね。レブロンvsバトラー、アービングvsローズなど面白いマッチアップが見れそうです。

      ウィザーズはウォールとビールが絶好調ですね。もはやイーストでは最強のバックコートコンビかもしれません。フロントコートでもサイズで有利かもしれませんが、シリーズのカギはどこまでホークスのシューティングを抑えられるかでしょうか。ビールがどこまでコーバーを追い掛け回せるか…。

      個人的にはキャブス対ホークス、ウォリアーズ対クリッパーズが見たいです。

  • ゆうき

    ほんとその通りですよ!!スパーズを負かしかやがったんだからロケッツくらいはボコボコにしてもらわないと(`´)スイープだ!!スイープ!!

    • CP3さえ早期に復帰できれば、本当にスイープもあるかもしれませんね。ただハワードの調子がやたらと良さげなので、どうなることか。ハワードとジョーダンの対決はかなり楽しみにしています!(フリースローを含め)

  • Mason P

    ホークス、ラウンド1の戦いっぷりを見ると、勝った試合も含めてプレイオフ中にはシーズン中の輝きが戻ってこないのではないかと思います… ウィザーズが勝ちあがるんじゃないかなぁ…(希望含みw)
    キャブズは厳しいですね。しかも相手が駒が戻って盛り上がってきたブルズだけに。
    グリズリーズはいいチームですがウォリアーズの爆発力を抑えられる気がしません。ウォリアーズとクリッパーズの点取り合戦みたいなのも見てみたい気がします。

    • ウィザーズが第1戦取りましたね…。少し驚きました。やはりホークスのようなジャンプシューティングチームは波が激しいのが不安要素でしょうか。
      第1戦もプレー内容は悪くなく、すごくいい感じでノーマークのオープンショットを打てていたのですが、それがことごとく外れていました。

      キャブスはピンチですね。いくらレブロンがいるとはいえ、ラブのスペーシングが消えてしまうとノアがずっとインサイドに陣取っていそうなので、アービングやレブロンがドライブで点を取るのが厳しくなるかもです。

      グリズリーズはコンリーがいないと難しそうです。グリズリーズにとってウォリアーズを抑える効果的な手段の1つは、テンポを可能な限り落とす泥相撲ですが、ペースをコントロールできるのがチームでコンリーしかいないんですよね。

Back to Top ↑