Video %e3%82%b1%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bb%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc-%e7%8f%8d%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc

Published on 12月 30th, 2016 | by Tunaパスタ

2

ケンバ・ウォーカー、シュートミスでシミーダンスの珍プレー

やはりシュートセレブレーションは、ボールが完全にリムをくぐったのを確認してからやるのがベストだ。

現地29日に行われたシャーロット・ホーネッツ対マイアミ・ヒート戦でのこと。ホーネッツの7点リードで迎えた第4Q残り1分10秒に、ケンバ・ウォーカーがショットクロックぎりぎりでトップ・オブ・ザ・キーからロングスリーを放つ。前のポゼッションでもスリーを決めて勢いに乗っていたウォーカーは、これでとどめの一撃だとでも思ったのだろう。シュートが入りかけたところでゴールに背中を向け、シミーダンスのセレブレーションを始めるのだが、ボールは惜しくもリムからはじき出されてしまった。

早とちりなセレブレーションといえば、ニック・ヤング。

ヤングの親友であるギルバート・アリーナスは、カッコよく決めていた。

Shaqtin’ A Foolな失敗があったものの、この日のウォーカーは22得点、7リバウンド、4アシストの大活躍。ホーネッツは91-82でシーズン成績をイースト3位タイの19勝4敗とした。

今季のウォーカーは、ジョン・ウォールやカイリー・アービング、カイル・ラウリーらイーストのトップPGに勝るとも劣らない好シーズンを送っている。ここまでの32試合では、22.3得点、5.4アシスト、1.3スティール、2.1ターンオーバーを平均。特にアウトサイドショットが上達しており、3P成功率でキャリア初となる4割超え(40.9%)を記録している。2年前なら、相手チームはウォーカーに対してスクリーンをアンダーし、苦手だったロングレンジを打たせるように仕向けていたが、もはやその戦略は通用しない。

またプレーメイキング力も高く、ピック&ロールからのポケットパスなども絶妙。今年こそは、初のオールスター選出も夢じゃない。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 36s

    たしかフォームを変えたって記事アップされてましたね。
    しかしここまでFG%変わるものなのかと驚きです。

    • >フォームを変えたって記事

      覚えていてくれてすごく嬉しいです!!自分でも言われるまですっかり忘れていたので…。
      ウォーカーは理想的なPGとしてのスキルを順調に伸ばしていますね。どこからでもシュートが打てて、スラッシュからフリースローも稼げますし、ミスが少ないうえに、守備面で弱点にならないというのも大きいです。

Back to Top ↑