Video カイル・コーバー スリー

Published on 2月 9th, 2017 | by Tunaパスタ

0

カイル・コーバーが移籍後でのベストパフォーマンス、自己最多のスリー8本

クリーブランド・キャバリアーズに移籍してから約1ヵ月、カイル・コーバーのシューティングがついに大爆発した。

現地8日のインディアナ・ペイサーズ戦にベンチ出場したコーバーは、26分のプレイタイムで自己最多タイとなる9本中8本のスリーに成功。第2Q中盤で11点ビハインドに陥っていたキャブスの起爆剤となってシーズンハイの29得点を記録し、チームの勝利に大貢献した。

コーバー ペイサーズ戦ショットチャート

「コーバーは本当に素晴らしかった。彼がオープンの時はボールを回さないとだめだ」
– レブロン・ジェイムス

最終的に132-117で快勝したキャブスは、コーバーの他に、カイリー・アービングが29得点/7アシスト、レブロンが25得点/9アシストを記録。連勝が7でストップしたペイサーズは、CJ.マイルズが23得点、ポール・ジョージとジェフ・ティーグがそれぞれ22得点を獲得している。

なおコーバーはキャブスに移籍後最初のスリー6本に失敗したが、それ以降は76本中40本(52.6%)と高確率を維持。また、この日の試合でキャリア通算1992本目のスリーに成功し、ジェイソン・キッドを追い抜き歴代7位に浮上した。

ボックススコア:「NBA

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑