weekly report サンデーレポート vol.9

Published on 1月 26th, 2014 | by Tunaパスタ

0

【サンデーレポート Vol.9】1月20~26日:両カンファレンスで新記録続出

NBA第13週のまとめ記事。


【Vol.9】NBA第13週 – 1月20日~26日


順位表(1月26日現在):

NBA順位表1月20日~26日

スクリーンショット via FoxSports

イースト

・「C.アンソニー、MSGで62得点

ニューヨーク・ニックスのカーメロ・アンソニーが、24日のボブキャッツ戦で今季リーグ最多かつキャリアハイとなる62得点を獲得した。スタッツはFG成功率65%、フリースロー成功率100%、13リバウンド、0ターンオーバーだ

62得点はニックスの球団最多記録。さらに、マディソン・スクエア・ガーデン(MSG)における最多得点記録でもある。さらに…!0ターンオーバーゲームでの歴代最多得点でもある。まさに歴史に残るパフォーマンスだった。

▼カーメロ、ボブキャッツ戦のショットチャート

・「ラプターズのT.ロス、球団最多タイの51得点」

ラプターズのテレンス・ロスが、25日のクリッパーズ戦で自己ベストとなる51得点を獲得。ビンス・カーターが2000年に出した球団最多記録に並び、デビュー2年目にして、ほんの一握りの選手のみ到達できる「50点クラブ」の仲間入りを果たした

今季のロスは9.3得点を平均。ESPNによると、シーズンアベレージが10点以下の選手が50得点以上を獲得したのはNBA史上初めてとのこと。

試合は126対118でクリッパーズが勝利した。

ウェスト

・「K.デュラント、10試合連続30点ゲーム」

ケビン・デュラントがアツい。昔からアツいが、今年に入ってからは特に神がかってる。

デュラントは25日のシクサーズ戦で32得点をマークし、30点ゲームの連続記録を10試合に伸ばした。しかもこの日は今季2度目、キャリア5度目となるトリプル・ダブルを記録(14リバウンド、10アシスト)。

ここ10試合のデュラントの平均得点は38.2得点。シーズンでは31得点を平均している(リーグ1位)。

なお10試合連続で30得点以上を獲得したプレーヤーは、デュラントを含め過去20シーズンでたったの5人しかいない(コービー、レブロン、シャック、Tマック)。

サンダーは今週、ブレイザーズ/スパーズを立て続けに破り、現在7連勝中。今季一番乗りで35勝目を挙げた。

・「C.パーソンズ、後半に10本スリーでNBA新記録」

24日に行われたロケッツ対グリズリーズの試合で、チャンドラー・パーソンズが後半だけで10本のスリーポイントを成功させ、「1ハーフにおけるNBA最多スリー記録」を塗り替えた。また1試合で10本のスリーは、ロケッツのフランチャイズ記録でもある。

▼パーソンズ、グリズリーズ戦ショットチャート

この日のパーソンズは、キャリアハイとなる34得点をマーク。試合は88対87でグリズリーズが勝利した。

画像いろいろ

1.若き日のパウ・ガソルとケンドール・マーシャル少年、2003年

二人は10年の時を経てチームメイトとなった…。

2.カーメロの62点ゲームを祝うチームメイト

via reddit

何かいいね。

3.審判がD.フィッシャーに馬乗り

via Reddit

動画いろいろ

1.メロ、62得点

2.パーソンズ、10本スリー

3.(*^∇^*)

Thumbnail:「YouTube

Tags: , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑