ブログ カーメロ・アンソニー ランキング

Published on 9月 14th, 2017 | by Tunaパスタ

3

カーメロ・アンソニー、ESPNランキング64位に怒り

ESPNが毎年恒例NBAプレイヤーランキングTop100の2017-18版を発表している。

毎回のように特定のスタープレイヤーを低く評価し、選手やファンたちから反感を買っている同ランキングだが、今回もしっかりとやらかしている。最も大きな波紋を呼んでいるのは、カーメロ・アンソニーの順位についてだ。

今年のESPNランキングは、昨季に22.4得点を平均したアンソニーを64位にランク付け。セルティックスのマーカス・スマート(65位)とルーキーのロンゾ・ボール(63位)の間で、ダニー・グリーン(59位)やハリソン・バーンズ(58位)、マルコム・ブログドン(56位)よりも低い順位となっている。

ESPNランキング70位~61位:
  1. クリント・カペラ
  2. サージ・イバカ
  3. アーロン・ゴードン
  4. パティ・ミルズ
  5. ニコラス・バトゥーム
  6. マーカス・スマート
  7. カーメロ・アンソニー
  8. ロンゾ・ボール
  9. エリック・ゴードン
  10. エイブリー・ブラッドリー

今年で33歳となるアンソニーが以前よりも衰えてきたのは確かだが、それでもキャリア14シーズンで毎年20得点以上を平均してきた選手が64位は、さすがに低すぎる気がする(キャリアを通して毎シーズン平均20得点超えしているのは、歴代でジョーダン、レブロン、デュラント、カーメロ、ボブ・ペティットの5選手のみ)。特に、まだNBAの公式戦でプレイしていないルーキーのロンゾ・ボールよりも下というのは意味が分からない。

このランキングに対して、アンソニーはインスタグラムで「ESPN、そんなに露骨にディスリスペクトするのはよせ」と苦言。

他の選手たちも今回のランキングには呆れている様子で、カーメロの専属トレーナーであるChris Brickleyの「ESPNはアクセス数が欲しいから、わざと物議を醸そうとしている」というインスタ投稿に対し、ケビン・デュラントが「ESPNに死を(笑)」とコメント。31位にランク付けされたC.J.マッカラムも皮肉たっぷりのツイートを発信していた。

「僕たちでへなちょこジャーナリストたちのランキングを始めるべきだ。長所と短所、そして“ソース”をでっち上げる能力などの詳細も一緒にね」
– C.J.マッカラム

またリーグ関係者や同業のメディアメンバーたちからの評判もあまり良くないようで、ロケッツGMのダレル・モーリーは「ESPNとSIのTop100ランキングは今のところ乱数発生器のよう」とツイート。Bleacher Reporのハワード・ベック記者は、「ESPNは天才。主観的なランキングを作り、NBA選手を怒らせ、それをネタにディベート番組を作る。その繰り返し」と指摘した。

NBA2Kのレーティングなどでもそうだが、こういったランキングで、すべての人を納得させる答えを出すのは不可能だ。特に人気と実績のあるスター選手の扱いが難しい。2015年にはESPNランキングでコービー・ブライアントが93位、昨年はSIのランキングでデマー・デローザンが46位にランク付けされ、それぞれ炎上した。

2017-18ESPNランキングは、現地13日の時点で31位まで発表されており、毎年過小評価を受けているデローザンは、昨季(30位)よりも順位を落として39位。来季リーグでデローザンよりも活躍しそうな選手が38人もいるだろうか…。

ESPNランキング40位~31位:
  1. アル・ホーフォード
  2. デマー・デローザン
  3. ジェイ・クロウダー
  4. エリック・ブレッドソー
  5. マイルズ・ターナー
  6. クリス・ミドルトン
  7. ケンバ・ウォーカー
  8. アイザイア・トーマス
  9. ジョエル・エンビード
  10. C.J.マッカラム

今年のTop10は現地15日に発表される。

ソース:「ESPN

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑